「セミナリヨ」の版間の差分

新規
編集の要約なし
 
(新規)
'''セミナリヨ'''(ポルトガル語:seminaryo)は歴史用語で、[[イエズス会]]によって日本に設置され、[[1580年]]~[[1614年]]の間に存在したイエズス会司祭・修道士育成のための初等教育機関([[神学校]])のこと。
#REDIRECT [[神学校]]
 
 
== 歴史的経緯 ==
[[1579年]]、[[イエズス会]]の巡察師[[アレッサンドロ・ヴァリニャーノ]]神父は日本の布教を視察すべく来日。日本人に対する偏見が強かった布教長[[フランシスコ・カブラル]]神父が日本人司祭・修道士の育成を禁止し、まったく行っていないことに驚き、すぐさまこれを改善するよう命令した。ヴァリニャーノにとって日本人の司祭・修道士を育成することが日本布教の成功の鍵を握るとみていた。
 
こうして作られた教育機関がセミナリヨ(初等教育)とコレジオ(高等教育)、およびノビチアート(イエズス会員養成)であった。
 
セミナリヨを設置するため、場所選びが始まった。京都に建てることも考えたが、京都では仏教僧などの反対者も多く安全性が危ぶまれた。そこで[[織田信長]]に願い、新都市安土に土地を願った。すぐさま城の隣のよい土地が与えられ、信長のお墨付きを得たことで、安全も保障された。こうして[[1580年]]に完成したのが安土のセミナリヨであった。同じ時期九州地区でも長崎の有馬に同じようにセミナリヨがつくられた。
 
安土のセミナリヨは純和風建築三階建てで、客をもてなすための茶室が付属していた。信長は屋根の瓦に安土城と同じ青い瓦を使うよう命じ、イエズス会員たちはこれに感謝した。責任者となったグネッキ・ソルディ・オルガンティノ神父は入学者をあつめるため、[[高山右近]]に依頼。彼はキリシタンである家臣の子弟八人を安土に送った。オルガンティノ神父が彼らにセミナリヨの目的について説明し、希望者を募ると彼らはそれに答えて入学を願った。その中には後に長崎で殉教する[[パウロ三木]]や[[元和の大殉教]]で死んだアントニオ三箇がいた。
 
安土では30人ほどの学生が住み込みで学んでいたが、[[本能寺の変]]の後で[[安土城]]と市街が焼けると、脱出せざるをえなくなった。その後、[[高槻]]に移転したが、[[1587年]]の[[豊臣秀吉]]の禁教令によって九州移転を余儀なくされた。セミナリヨは長崎、有馬、加津佐、天草などを転々としたが、[[1614年]]の[[徳川家康]]の禁教令によって閉鎖された。生徒たちのあるものは潜伏し、あるものは勉学を続けるため[[マカオ]]や[[マニラ]]に逃れた。
 
セミナリヨで学び、後にイエズス会員となった多くのものも厳しい迫害の中で殉教や国外追放という運命をたどった。
 
 
== 教育内容 ==
当時のヨーロッパは人文主義と古典復興が盛んであった。セミナリヨでの教育内容も古典教育に力が入れられていた。それは[[ラテン語]]の古典と日本の古典を学ぶことである。ラテン語は当時のカトリック教会の公用語であり、学問のための言葉であったので必ず学ぶ必要があった。カブラルは日本人にはラテン語が無理だと考えていたが、[[ルイス・フロイス]]はセミナリヨの生徒のラテン語習得が速いと驚いている。イエズス会員たちは生徒が日本で宣教する宣教師になるため、日本文学を学ぶことが必須と考え、[[平家物語]]などをテキストに古典を学ばせた。
 
また、それまでの日本の教育にはなかったものとして音楽と体育が重視された。音楽はフルート、クラヴォ、オルガンなどの器楽、および[[グレゴリオ聖歌]]や多声聖歌などの練習が行われた。体力を培う体育も重視され、夏は水泳がおこなわれ、週末には生徒全員が弁当を持って郊外にピクニックに出かけていた。
 
復活祭やクリスマスには文化祭が行われ、生徒が劇や歌、ラテン語の演説などを披露した。
 
セミナリヨで行われていた教育は、近代教育の先取りともいえるものであった。明治以降、日本がとりいれたヨーロッパ式の教育システムはキリスト教の学校システムから発生したものであったので、このセミナリヨもまた近代日本の教育の原点といえるかもしれない。
 
 
== 関連項目 ==
*[[日本のキリシタン一覧]]