「試薬」の版間の差分

法的定義の追加(引用)
m (img- SulfurReagent)
(法的定義の追加(引用))
化学用途の試薬の中でも汎用されるものには[[日本工業規格]](JIS)に試薬特級、試薬一級という規格が設けられており、これを満たしているものだけがその規格名を冠して呼称される。それ以外の試薬では各メーカー毎に純度規格があり、規格の違いにより工業用試薬、一級試薬、特級試薬など呼ばれるが、これらはメーカーが独自に選定した呼称である。概ね工業用試薬は純度95%以下、一級相当試薬は95%前後、特級相当試薬は95%以上であることが多い。
 
== 法的な定義 ==
「法(注:[[化審法]])第3条第1項第3号に『化学的方法による物質の検出若しくは定量、物質の合成の実験又は物質の物理的特性の測定のために使用される化学物質』と規定されているとおり、化学分析、実験、試験研究、検査等に用いられるものを意味しており、本法でいう試薬かどうかの判断は、原則として製造形態、荷姿等によって行うものとする。この場合、試薬の表示が付されていても工業薬品、工業用原材料の用に供するためのようなものは、本法でいう『試薬』には該当しない。」([http://www.safe.nite.go.jp/kasinn/pdf/unnnyoutuuti20040325.pdf 新規化学物質等に係る試験の方法について](平成15年11月21日薬食発第1121002号、平成15・11・13製局第2号、環保企発第031121002号))
== 主要メーカー ==
==== 日本 ====
131

回編集