「徳川寿千代」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (cprobot: subst Template:生没年)
m
{{武士/子|なし}}
{{武士/終了}}
 
'''徳川寿千代'''(とくがわひさちよ、[[安政]]7年[[3月11日 (旧暦)|3月11日]]([[1860年]][[4月1日]]) - [[元治]]2年[[2月4日 (旧暦)|2月4日]]([[1865年]][[3月1日]])は、[[江戸時代]]の[[御三卿]]の一つ、[[田安徳川家]]の第6代当主。父は第5・8代当主の[[徳川慶頼]]、母は側室の高井氏。法号は英樹院。
 
父慶頼が[[安政の大獄]]の責任を取らされて隠居したため、[[文久]]3年[[1月18日 (旧暦)|1月18日]]([[1863年]][[3月7日]])にわずか3歳で[[田安徳川家]]の当主に就任。しかし2年後、[[元治]]2年2月4日([[1865年]]3月1日)に6歳で夭折。その後、家督は弟の亀之助(後の[[徳川家達]])が継承した。
 
 
{{先代次代|[[田安徳川家]]|第6代|:1863 - 1865|[[徳川慶頼|田安慶頼]]|[[徳川家達|田安亀之助]]}}
 
{{History-stub}}
2,766

回編集