「脅迫状」の版間の差分

m
m
 
=== 手段 ===
「状」とある以上、本来は文書([[手紙]]・あるいは[[ハガキ]])に書いて送りつけるものであるが、最近では[[電話]]([[携帯電話]]含む)や[[電子掲示板]]・[[電子メール]]などを使ったものもある(このこともあってか、最近は、[[報道]]において、『脅迫状』ではなく、『脅迫文』という表現になっていることも多い)
 
=== 分析 ===