「タイロナ」の版間の差分

編集の要約なし
[[画像:Precolombiaanse culturen.png|thumb|350px|right|先コロンブス期におけるコロンビアの古代文化分布図]]
'''タイロナ文化'''('''Tayronas''','''Tairona''')は、[[コロンビア]]北部、Guajira半島の基部にあたる海岸を後背にした孤島のような山塊に住んだ人々が築いた南[[アメリカ先住民|米先住民]]の文化である。タイロナ文化の起源については不明な部分が多いが、[[マグダレナ川]]下流のZambrano発展期の文化にその起源を考えるのがもっとも適切に思われる。マグダレナ川下流の[[蔵骨器]]は、タイロナのものとよく似ており、低地マグダレナ(マグダレナ川下流)文化とタイロナの間の移行期にあたるものは、La Meza(ラ・メサ)という文化として知られていて、シエラ・ネバダ<ref>シェラ・ネバダ(Sierra Nevada 直訳;雪の降ったのこぎりのように連なる山々→(雪で)白い山脈)という名前の山脈は中南米スペイン語圏の各地にみられる。これは、コロンビア北部にある小規模な山脈、[[シェラ・ネバダ・デ・サンタ・マルタ]][[w:es:Sierra Nevada de Santa Marta]]を指し、[[アメリカ]]の[[シエラネバダ山脈 (アメリカ合衆国)|シェラ・ネバダ山脈]]、[[メキシコ]]にある[[シエラネバダ山脈 (リカキシコ合衆国)|シェラ・ネバダ山脈]][[w:es:Sierra Nevada (México)]]とは別ある。そのほか[[ベネズエラ]]に[http://es.wikipedia.org/wiki/Sierra_Nevada_de_M%C3%A9rida シェラ・ネバダ・デ・メリダ(西語)]、[[スペイン]]にも[[アンダルシア州]][[グラナダ]]県に[http://es.wikipedia.org/wiki/Sierra_Nevada_%28Espa%C3%B1a%29 シェラ・ネバダ山脈(西)]がある。</ref>の南麓に遺跡が点在している。
タイロナの国家が衰退し始めたのは、[[1528年]]のPodrigo de Bastidosの到着が契機であった。そして[[1550年]]に80%の人々がいなくなって、のこり20%の人々は、より標高の高い山地へ逃れていった。混血していく人々もいた。山地に残った人々は、コギ<ref>Kogi,Cogui,Koguiなどと表記される。</ref>、イカ、サンカという部族として生き残っている。
==タイロナの「町」と耕地の様子==
9,550

回編集