「レシェク1世」の版間の差分

編集の要約なし
綺麗な白髪を持っていたことから、白王と呼ばれた。1194年、父の死により後を継ぐが、王権の弱さと彼自身が暗愚であるということもあって、3度も王位を追われることとなった。
 
レシェック1世の唯一の功績は、[[1205年]]にガーリチ公[[ロマン]]がポーランドに侵攻してきたとき、これを破って逆に討ち取ったことくらいである。治世後半は貴族の反乱に悩まされ、最終的には1227年、自身に反抗する貴族を討伐して帰国する最中、家臣[[グダニスク]]公・[[ムシチュイ1世]]とヴィエルコポルスカ侯の手によって[[暗殺]]されてしまったのである。
 
[[Category:ポーランドの君主]]
匿名利用者