「京都市交通局広軌1形電車」の版間の差分

京都市では市電の開業に先駆け、民営の[[京都電気鉄道]](京電)による路面電車路線が[[1895年]]より運転開始されていた。これは[[狭軌]](1067mm[[軌間]])の路線であったが、[[1912年]]に開業した京都市電気軌道事務所の方では[[標準軌]](1435mm軌間。当時は1067mm軌間を日本標準軌としており、[[広軌]]とも呼んだ)を採用した。そのため、京都電気鉄道が京都市に買収された[[1918年]]以降、元京都電気鉄道の車両を[[京都市交通局狭軌1形電車|狭軌1形]]、京都市電生え抜きの車両を広軌1形と呼ぶようになったとされている。
 
スタイルは当時の路面電車では標準であったオープンデッキ型で、中央にダブルポールを設けて折り返し地点で回転させるものとなった。京都電気鉄道のほうでは開業時にシングルポールを採用し、電気は線路を通して変電所に返していたが、水道管の[[電食]]が問題になったため、上下電流を架線で送る方式になったとされている。
 
1912年6月の開業時にまず40両、そして同年中に55両、翌年に72両、1921年に2両を増備した。そのうち2両は[[京都市電気部貴賓車|貴賓車]]となっていたが、1923年に普通仕様へ改造した。
匿名利用者