「日本電産コパル」の版間の差分

戦後、[[レンズシャッター]]専門メーカーとして創業。[[セイコープレシジョン|セイコー]]、[[シチズン]]、MSK、NKSなど国内のメーカー、海外の[[コンパー]]、[[プロンター]]などと争った。倒産、撤退したメーカーも少なくなかったが、トップシェアを達成し、現在まで維持している。
 
また、[[カメラメーカー]]と協力して、[[OEM]]用[[フォーカルプレーンシャッター]]の[[コパルスクエア]]を商品化。ユニット化を実現するためには容積を減らす必要があり、製造が困難な縦走りの金属幕を採用した。結果として、故障が少なく、長期間に渡って高精度が維持される優れたシャッターとして評価された。(基本設計をおこなったのはエフシー製作所の[[茶谷薫重]])
 
もちろん、現在は従来の[[銀塩カメラ|フィルムカメラ]]用シャッターだけでなく、[[デジタルカメラ]]用シャッターも生産している。また、デジタルカメラの筐体金型、光学部品も設計、生産し、電気メーカーに供給している。
匿名利用者