「共犯」の版間の差分

 
この点については,以下のような形式があるとされる。
* 誇張従属形式(正犯に処罰条件(身分など)、構成要件該当性違法性および有責性が必要)
* 極端従属形式(正犯に構成要件該当性違法性および有責性が必要)
* 制限従属形式(正犯に構成要件該当性および違法性が必要)
* 最小限従属形式(正犯に構成要件該当性が必要)
犯罪共同説からはこれを肯定する見解が多数であるが、一部の犯罪共同説や行為共同説からは否定される。もっとも、狭義の共犯については、正犯の構成要件該当性への従属性を肯定する通説からは、共犯の罪名が正犯の罪名を上回らないという意味で片面的な罪名従属性が肯定されることになる。これを前提に、65条2項によってこの例外が認められる(つまり共犯の罪名が正犯の罪名を上回ることになる)か否かは争いがあるが、通説は肯定する。
 
さらに、近年においては、混合惹起説の登場有力化に伴って従属性の二義性も指摘されている。すなわち、従属性には必要条件としての従属性と連帯性としての従属性があるというものである。例えば、要素従属性は前者の問題とされる。2つの意味の区別は、独立性・(必要条件としての)従属性と個別性・連帯性を分離し、惹起説を前提にしつつ個別的要素についての要素従属性を承認する混合惹起説の論者にとって特に重要だからである。
 
==共犯の処罰根拠==
匿名利用者