「共犯」の版間の差分

=== 犯罪共同説 ===
共犯とは数人が共同して構成要件を完成させることであると理解する。この説では「数人一罪」と捉える。
各人が構成要件該当行為を行うことを要求する。この説は主として[[行為無価値論]]の立場から主張される。
 
*完全犯罪共同説
行為者の主観面において同の構成要件を実現ているこようする意思を要求する見解である。例えば、AとBが共同実行の意思をもって甲に対して殴る蹴るの暴行を加えて死に至らしめた場合、Aが殺人の故意をもって行い、Bが傷害の故意をもって行っていれば共犯は不成立となる。
 
*部分的犯罪共同説
行為者の主観面が一致していなくても侵害された法益が一致する部分で共犯の成立を認める見解である。上記の例の場合、Aには殺人罪、Bには傷害致死罪が成立し、さらに、傷害致死罪の限度で共同正犯となる。また、窃盗を教唆したところ被教唆者が強盗を犯した場合のような'''共犯の過剰'''については、過剰結果については共犯成立を否定し、窃盗罪の範囲で教唆犯を認める。
 
=== 行為共同説 ===
匿名利用者