「松平信興」の版間の差分

編集の要約なし
m (cprobot: subst Template:生没年)
'''松平 信興'''('''まつだいら のぶおき'''、[[寛永]]7年[[8月11日 (旧暦)|8月11日]]([[1630年]][[9月17日]]) - [[元禄]]4年[[8月12日 (旧暦)|閏8月12日]]([[1691年]][[10月3日]]))は、[[江戸時代]]の[[大名]]、[[若年寄]]、[[大坂城代]]、[[京都所司代]]。[[高崎藩]]大河内松平家初代
 
大河内[[松平信綱]]の五男、母は[[井上正就]]の長女。幼名・釆女。はじめ治綱、基綱、信衡、興衡などと名乗った。従四位下、侍従。はじめ[[美濃国|美濃]]守、後に[[因幡国|因幡]]守と改める。正室は[[青山幸利]]の娘。養子に[[松平斐章]]、[[松平輝貞]]。
 
[[徳川家綱]]の側近として中奥[[小姓]]、小姓組番頭、御側などを務めたほか、若年寄、大坂城代、京都所司代などの要職も歴任した。長らく[[雑兵物語]]の作者に擬せられてきたが、実際の作者は不詳である。元禄4年(1691年)没、後を養子の輝貞が継いだ
 
==経歴==
匿名利用者