「巻線形三相誘導電動機」の版間の差分

m
リンク
m (発電機としての運転を巻線形三相誘導発電機へ移動)
m (リンク)
''''巻線形三相誘導電動機''''は、[[三相]]結線の[[巻線形[[回転子]]を[[スリップリング]][[ブラシ]]を経て外部[[回路]]に接続した[[三相誘導電動機]]である。<br>
[[回転子]][[巻線]]に接続された外部回路を[[二次側]]回路という。
 
==特徴==
 
==速度制御法・始動法==
===[[二次励磁法]]===
二次側(回転子)巻線の[[電力]]を[[回生]]することによって[[速度]]を制御する。<br>
損失が少ない。
 
*[[静止セルビウス方式]]: [[サイリスタ]]を利用して[[電源]]に回生する。
*[[クレーマー方式]]: 電動機回転軸に直結した回生用[[整流子電動機]]の動力として回収する。
 
===[[二次抵抗法]]===
二次側回路に[[電気抵抗]]を挿入し二次側電力を変化させる。<br>
速度を下げるのにしたがって[[損失]]が大きくなる。
 
==関連項目==
5,308

回編集