「名人」の版間の差分

編集の要約なし
'''名人'''(めいじん)
 
*#一芸に秀でた人
*#[[囲碁]]のかつての家元、現在の「タイトル」。[[名人 (囲碁)]]を参照。
*#[[将棋]]のかつての家元、現在の「タイトル」。[[名人 (将棋)]]を参照。
*#[[ファミコン]]のプロフェッショナルに対する称号。[[ファミコン名人]]を参照。
#[[川端康成]]の作品。[[名人(小説の題名)]]を参照<br>
----
==「名人」川端康成==
[[川端康成]]の小説の題名。<br>
昭和13年、21世本因坊秀哉名人は木谷實七段と引退碁を対局した。
作者はこの引退碁を観戦し、後にそれをもとにして小説『名人』を発表した。
 
碁の名人が、引退碁に望む様を、新聞の観戦記者からの視点で描いた作品。
川端の作品としては、女がほとんど出てこない点で、地味な感じを受けるが、
その、碁という「静」の世界の激しさと静けさをこのように描けるのは、
やはり日本の文豪ならではであろう。
職業に勝負を選んだ人間の、人生の結集を的確に描いている。
芥川龍之介の『枯野秒』にも通じる、円熟した作品。