メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''橋本 敦('''(はしもと あつし、[[1928年]][[8月3日]] -)は昭和期・平成期の政治家。[[日本共産党]]所属の元[[参議院議員]]。
 
==概要==
:[[1928年]]、大阪に生まれる。[[1974年]]、参議院大阪選挙区で初当選
 
:[[1974年]]、参議院大阪選挙区で初当選。
:[[1988年]]3月26日、参議院[[予算委員会]]において[[日本人拉致問題]]に関する質問をして[[梶山静六]][[国家公安委員長]]から北朝鮮による関与が濃厚とする答弁を初めて引き出す(拉致問題を国会で初めて取り上げたのは1980年の公明党の[[和泉照雄]]参議院議員)
 
:[[1997年]]、再び拉致問題を参議院[[法務委員会]]で質問する。
:[[2002年]]、かつての秘書[[兵本達吉]]から「拉致事件の解明を妨害してきた張本人」だと非難される。
 
:[[2002年]]、かつての秘書[[兵本達吉]]から「拉致事件の解明を妨害してきた張本人」だと非難される。
 
 
75,131

回編集