「魔法陣グルグルの登場人物」の版間の差分

編集の要約なし
;魔王ギリ(声:[[笹岡繁蔵]]→[[大友龍三郎]])
:魔物をあやつり世界征服をたくらむ悪の元凶。300年前にもギリは魔物を放ち世界征服をたくらんだが、ミグミグ族に最強のグルグルである「恋するハート」により封印をかけられた。その操る闇魔法はキタキタおやじが装備していた「最強の防具」を一瞬で破壊するほど強力。また、各地の魔物を支配して軍団を形成し、300年前の恨みを晴らすべく、ミグミグ族の生き残りであるククリに刺客をおくり倒そうと試みる。が、優秀な部下に恵まれず、幾度も失敗に終わる。完全復活していないのか、自分で動こうとはしない。最終決戦においてククリに300年前自身が封印されたのと似たグルグル「恋するハート」により再び300年の封印をかけられ封印された。ただし、公式な記録ではキタキタおやじの陰謀とジュジュの不注意により、'''キタキタ踊りで封印された'''ことになっている。一巻では「闇の世界に足を踏み入れた魔導師」と語られているが、その正体は最後まで不明。
:(一説では「'''悪の心に染まったミグミグ族の成れの果て'''」でないかとの声もあるが、はっきりし証拠は無い)。
;カセギ(声:[[亀山助清]])
:勇者たちが最初に遭遇した魔物。そのため比較的苦戦し、グルグル「トカゲのしっぽ」で辛くも勝利する。ギリ軍では最下層に位置づけられている。キバが邪魔でサ行の発音が上手くできないらしく、語尾に「ッシュ」をつける。
:名前通り常に眉間に縦ジワを寄せているネズミ。一般兵としてギリ軍において広く使われている。基本的に雑用係だが、常に任務を欲しがるために志は高い。だが任務至極主義が行きすぎ、任務があれば他のことはどうでもいいという思考の欠点も持つ。「笑止」「御意」「しからずんば」など常に文語調の古めかしい言葉を使い、その場の雰囲気を重くするが、肝心の言っている内容はかなり薄く、自分たちでも言っていることはよく分からないらしい。偽のきりなしの塔では真のボスとして最上階に居座り、ダンジョンを攻略する戦士たちを困惑させた。だが、花の国編では意外な活躍を見せる。派生種として「ヤリで突くタテジワネズミ」がいる。
;ライライ(声:[[鈴木勝美]])
:ノコギリ山魔物の副隊長。鳥の姿をしている。キタの町でククリ、ミグ、そして図らずもキタキタおやじをさらう。人質には女の子を優先してさらうなど「魔物の基本に忠実」らしい。
;ハズレ大魔王(声:[[稲葉実]])
:ノコギリ山ダンジョンの「ハズレの部屋」に巣食う悪魔。だが、ニケが扉を開いたことを無かった事にした為、以降出番が無くなった。
;カセギゴールド(声:[[稲葉実]])
:ノコギリ山ダンジョンのボス。人獣。巨大な剣を振るうだけでなく、「火吹き竜」の血が半分流れているということで口から炎を吐き、巨大な剣を振るう。ボスだけあって戦闘力はかなり高いが、台本がないとうまく喋れないなどの間の抜けた面もある。「肩のうしろの2本のツノのまんなかのトサカの下のウロコの右」が弱点。その弱点も鎧で覆って隠していたが、ベームベームの雷撃で破壊されむき出しになったところをまぐれでニケに貫かれて倒れた
;カヤ(声:[[納谷六朗]])
:魔族。顔が怖いが優秀な魔法使い。コーダイ国で宮廷魔法使いとして潜入していたが、グルグル「長い声のネコ」により正体を明かされ、勇者に短剣を突き立てられる。しかし実は倒されたように幻を見せてその場から逃げていた。虫好きらしく、「夢の昆虫ランド」なるものを所有している。自分の写真集を出していることから結構な[[ナルシスト]]でもあるようだ。グルグルを熱心に研究するなどグルグルに対しかなりの対抗意識を燃やしており、何度もククリと対決する。'''その使用魔法のバリエーションは全敵キャラ中最多'''。炎系の攻撃魔法がやや多いが、他にも防御魔法のシールドからシールド破りの魔法ゴールデンハンマー、最強クラスの闇魔法暗黒太陽など多様な魔法で勝負を挑んでくる。敵ながら意外にフェアな性格で、最終決戦において男を見せた。
:口癖は「俺たちの本当の怖さを見せてやる。」
;ギザイア(声:[[辻親八]])
:シュギ村を占領したギリ軍のボス悪魔。人を犬に変えるガスを吐く。魔力のアイテムである「腕輪」を狙っていたがジュジュに先に封印を解かれ、最終形態に変身している途中に倒される。
;センボンモドキ(声:[[稲葉実]])
:植物系の魔物。幻獣。ククリの修行の成果で難なく倒すことができた。
;ミュンミュン
:人里に根を張り、他の魔物を呼び寄せる植物系魔物。幻獣。下手に引き抜こうとすると周囲に毒を撒き散らすため、駆除は困難を極める。聖水・黒スグリ・バクレツダケの連続攻撃で倒される。
;ハングリア(声:[[鈴木勝美]])
:ミュンミュンに誘われて村を襲っていた魔物。上級グルグル「わかれのウインク」で倒される。
:男には固まる魔法を、女には「エッチな踊り」をさせる魔法をかける悪魔。その戦法が祟ってグルグル「トーラ」で倒される。後に登場した際には「トーラ」を喰らいジュジュの十字架を受け倒された。そのときも「エッチな踊り」の魔法をジュジュにかけた。
;レイド(声:1作目[[鳥海勝美]]、2作目[[久保田恵]])
:魔族。魔王ギリ率いる魔族の王子で、かなりのナルシスト。グルグル暦1298年[[7月20日]]生まれの[[A型]]。自称「魔界のプリンス」。闇魔法を得意とするが、呪文を唱える姿はかなり格好が悪く、本人もそのことを気にしている。そのため、動作の格好がよい魔法「バーニングフィンガーアタック」を習得したが、効能は肩こり・腰痛を治すだけだった。ククリに恋心を抱き、彼女を魔族に引き入れるため、しばしばニケたちの前に現れる。一度は勢いでククリをさらった。メカのことになると独り言が多くなる
:他にも魔力を動力とした機械の仕組みを体系化し、創作する「魔学」に凝っており、メカのことになると独り言が多くなる。「魔界のプリンス」の威光と財力を最大限利用し、空を飛ぶ魔導船や「ゴーレム」の製作などを自ら手がけ、勇者たちとの戦闘に投入し実用化している。「魔力のアイテム創作」という点から、魔技師であるトマから一方的にライバル視されるも、本人は全く意に介しておらず、そもそもトマの名前さえ知っているのかも怪しい。
:勇者とククリのことをそれぞれ「ラッキースター」「ピンクボム」と呼ぶ。そのニックネームはレイド自身が考案したもので、爆発(グルグル)を意味するボムと女の子という理由でククリはピンクボム。そのグルグルを手に入れた者は幸運の星という理由で勇者はラッキースターということらしい。よく「クサい」台詞を吐くのでギップルに嫌われている(ギップル曰く、彼の「ポエム波」は前に進めなくなるほど凄まじいい)。オバケを怖がり破壊活動を好むなど頭が悪そうにも見えるが、実力はかなり高い。ちなみに、相手が人間でも、年寄りには敬意を払うようだ。
;ヤンバン(声:[[島田敏]])
:人獣。妖精の村に入り込んだ犬の魔物。手斧を投げる、かむ、じゃれる、仲間を呼ぶなどの攻撃をしてくる。キバは猛毒。101匹もの仲間を呼ぶが、グルグル「ベームベーム召喚」で全滅する。
;チクリ魔(声:[[西村ちなみ]])
:情報収集担当の悪魔。初めはサタナチアに従事していたが、サタナチアが倒されてからはカヤの下に就いている。「~でし」が口癖。相棒のサーチアイと常に一緒に行動する。その名の通り、敵味方区別なく重要情報でも何でもニケたちに告げ口してしまう性分のため、勇者パーティーの偵察をするはずが、結果的に全く逆になる。そのため、敵であるニケたちには「なんて親切なんだ」と歓迎されてしまう。アニメ版(2作目)ではカヤの副官的な立場で、出番が増えている。
;サーチアイ(声:1作目[[三木眞一郎]]、2作目[[赤石広樹]])
:映像の記録、編集・投影機能を持ったロボット型の幻獣。ち、飛行や電撃攻撃も可能なロボット型の幻獣。チクリ魔の相棒であり乗り物。 アニメ第1作では敵の性格を的確に分析し、相手に対し最も効果的な幻術を選び個別にかける能力持っていた。
;サタナチア(声:[[内田紳一朗]])
:きりなしの塔を護るボス悪魔。その強さで勇者パーティをかなり苦しめたが、魔神「サイレン」の召喚により倒された。真面目な性格だが、何度攻撃しても1ダメージも受けないキタキタおやじに「直接ぶっ飛ばす」と殴りかかる短気な一面も見せた。一つ目の瞳から放つビーム状の電撃「あくまのいかずち」が武器。
;ザイマン(声:[[間島淳司]]・[[西本圭一郎]])
:きりなしの塔における下っ端魔物。人獣。作戦会議でも、重大な内容の議題を[[漫才]]並の軽い[[関西弁]]で話し、サタナチアを困惑させた。会話は重いが内容は薄いタテジワネズミとは対極の存在。
;モンク(声:[[増田陽一]])
:レイドの執事兼魔法戦略家。コパール攻略では指揮を執ったが、勇者たちの活躍により失敗し、イベントが終わりただの山となったノコギリ山の見張りとして、情けない日々を送る羽目となった。
匿名利用者