「再生産労働」の版間の差分

定義から区分。
(定義から区分。)
'''再生産労働'''('''さいせいさんろうどう''')とは、直接生産活動に結びつかない、従って直接に報酬を受け取ることのない労働(間接的に報酬を受け取る労働)。生産活動が円滑に行われるための基盤を支える労働である。企業における総務・経理的な労働になぞらえられる。たとえば、専業[[主婦]]の[[家事]]、[[出産]]、[[育児]]のような仕事をいう。[[フランス]]の[[社会学者]]、[[ピエール・ブルデュ]]ーの言葉。現在ではマルクス主義フェミニズムの文脈で多用される
 
==概要==
生産活動が円滑に行われるための基盤を支える労働である。企業における総務・経理的な労働になぞらえられる。たとえば、専業[[主婦]]の[[家事]]、[[出産]]、[[育児]]のような仕事をいう。[[フランス]]の[[社会学者]]、[[ピエール・ブルデュ]]ーの言葉。現在ではマルクス主義フェミニズムの文脈で多用される。
米語では、"reproductive labor”と表記される。(reproductiveは「生殖の;複写の、多産の、」という意味)
 
4,579

回編集