「魔法陣グルグルの登場人物」の版間の差分

;モンブラン伯爵(声:[[滝口順平]])
:菓子好きのモンスター。ダイフク谷の近くにミグミグ族が残した「闇の風見鶏」のパーツを守るためギリが送り込んだクリの魔物。キラキラ「氷の剣」で倒された。
;ドラドラ(声:):[[辻親八]])
:オットー国で開かれる魔法大会優勝商品の「魔法アイテム」を狙ってギリに派遣され、大会に紛れていた魔物。変身時は老人の姿で「ドラー」と名乗っていた。同族であるはずのレイドまで打ち負かしククリを倒そうとするが、グルグル失敗魔法10回目に現れた「失敗10回記念たこたろう」に押しつぶされた。
;バキューム(声:)
;クモモンガ(声:[[大川透]])
:フルサ国の王女、クリリス姫をさらった蜘蛛のモンスター。だが、容姿の良さを見込んで連れ帰ったはずのクリリス姫のあまりのわがままぶりに辟易し、遂にはプレゼントを貢いで帰らせようとしたが、城の生活より居心地が良いからと姫に居座られ逆効果になる。勇者一行が姫の奪還に現われた時には、「どうぞ姫を連れて行ってください!」と泣いて喜び、勇者達を困惑させた。
;キザランドス(声:):[[藤原啓治]])
:人魚の国の結婚式に仲人として介入し、式典の儀式で使われるという「人魚の秘宝」を奪おうとしていた魔物。アンコウとカニの混ざったような重装甲の魔物でトカゲのしっぽが効かなかったが、勇者のキラキラで倒された。
;モンバン(声:)
:名前のとおり、魔王ギリの居城、闇の世界への入り口を護る三つ首の門番。
:両手の指先から爆発する光球を連続で飛ばす攻撃を行う他、人間に洗脳をかけて操ることもできるらしく、あろうことかキタキタおやじを洗脳して配下に置いていた。なお、名前が似ているが「ヤンバン」とは全く無関係である。
;暗黒四天王(声:[[鈴木勝美]]:・[[小形満]]:・[[稲葉実]]:・[[辻親八]]
:「風のザータ、炎のトクラ、水のアグビィ、大地のベギア」の4体から成る魔王直属の最強人獣軍団。だが属性の相性が悪いのか、連携攻撃しようとすると誰かの攻撃が必ず他の誰かの攻撃を無効化してしまう。そんなわけで単体だと非常に強いハズなのに、いざ4体集まると仲が悪くすぐ仲間割れに走るため、ボスとしては非常に威厳が無い。合体して真の姿になると攻撃の威力こそ増すものの、意思の統率の無さは相変わらずである上に容姿も格好悪く、合体前の方がマシだったと断言されてしまう。カセギゴールドと並び、魔神ベームベームの攻撃に耐えた数少ない魔物であったが、結局勇者のキラキラに両断された。
 
612

回編集