「ボウイ・キューン」の版間の差分

編集の要約なし
'''ボウイ・クーン'''(Bowie Kent Kuhn,[[1926年]][[10月28日]] - [[2007年]][[3月15日]])は、[[メジャーリーグベースボール|MLB]]の第5代[[コミッショナー]](在任1969年2月4日-1984年9月30日)、[[アメリカ合衆国]]の[[弁護士]]。[[メリーランド州]][[タコマパーク]]に生まれ、[[ワシントンD.C.]]で育った。[[19692007]][[23415]]から[[1984年肺炎]]による呼吸不全のため[[9月30日フロリダ州]]ポンテベドラビーチの病院MLBのコミッショナーを務めた死去
 
== 人物 ==
オーナー、選手会、ファンなどとことごとく対立するけんか腰の強い人物であった。自己中心的なオーナーには資格停止、あるいは罰金を科した。選手会とは[[フリーエージェント]]制導入をめぐり激しく対立。選手会委員長の[[マービン・ミラー]]はクーンを宿敵と呼び、クーンはミラーを鶏小屋を荒らす狐と非難した。また、コーチだった[[ウィリー・メイズ]]と[[ミッキー・マントル]]のカジノとの兼業を認めず、この2人は球界を離れた。そのため、ファンはクーンが球界から追放したと非難した。この2人を賭博に関与したとして資格停止処分にしたこともある。
 
1977年9月3日に[[王貞治]]が通算本塁打数世界記録を更新したときクーンは「世界記録であることは認めるが、大リーグ記録ではない」との声明を発表している。球団数拡張、[[ワールドシリーズ]]の[[ナイター]]開催、[[アメリカン・リーグ]]での[[指名代打]]制の導入、ディビジョン制の導入などの功績も残している。1969年のMLB選手平均年俸は約1万9,000ドルだったが、1984年には約33万ドルにまで上昇した。2007年3月15日、[[肺炎]]による呼吸不全のため[[フロリダ州]]ポンテベドラビーチの病院で死去
 
== 著作 ==
*コミッショナーは戦う(ベースボール・マガジン社、原題:Hardball) ISBN 978-4583028187
匿名利用者