「魔法陣グルグルの登場人物」の版間の差分

;キタキタおやじ(声:[[緒方賢一]])
:*本名、'''アドバーグ・エルドル'''。グルグル暦1260年[[1月1日]]生まれの[[B型]]。髪がなく、白い髭を生やしているが、まだ52歳。「キタキタおやじ」の「キタキタ」を略して呼ぶ際は「オヤジ」と表記される(以下、特記なき場合「オヤジ」とは「キタキタおやじ」を指す)。元・キタの町の町長で、村に代々伝わる神聖な'''女性の'''舞踏「キタキタ踊り」を一般公開することで村を繁栄させたが、神聖な踊りを見世物にした祟りか、町に女の子が生まれなくなり、踊り手が絶えるという憂き目に遭う。考えた末に出した結論は「'''自分が踊る'''」という奇策。この大失策により町は急激にさびれ、追放こそされなかったものの町長を失脚し、町の宿屋の経営者・兼・キタキタ踊りの最後の伝承者という立場に落ち着いた。
:*現在はキタキタ踊りの後継者を探すため、世界を旅している。常にキタキタ踊り伝統の腰みのを纏っておりその姿は濃いすね毛と相まって周囲から、端的に言うと「気味られて。その奇怪な姿のため魔物の群れの中に平気で紛れ込んだめたり、グルグル「ツチヘビ」にも魔物と認識されたりした。根は善良であるが、キタキタ踊りを世に広めるという非常に場違いな使命感に満ち溢れているせいか自己顕示欲が異常に強く、どのような場所でも場違いな言動を取る。どんな時もキタキタ踊りを広めるための売名行為(コーダイ王、妖精長老フェイフェイ、精霊モゲルなどに誇張だらけの武勇伝を売り込む、地の王の元へ勇者として行こうとする等)と宣伝(復活後のアラハビカで踊りの見世物小屋を作る、オッポレ大会にキタキタ踊りで参加した挙句キタキタ踊りの宣伝を始める、レフ島の住民に聞き込みそっちのけでキタキタ踊りを見せようとする等)は欠かさない。極め付けに、魔王ギリとの決戦の際も平気で魔王ギリにキタキタ踊りを勧めようとしていた。
:*根は善良であるが、キタキタ踊りを世に広めるという非常に場違いな使命感に満ち溢れているせいか自己顕示欲が異常に強く、どのような場所でも場違いな言動を取る。どんな時もキタキタ踊りを広めるための売名行為(コーダイ王、妖精長老フェイフェイ、精霊モゲルなどに誇張だらけの武勇伝を吹き込む、地の王の元へ勇者として行こうとする等)と宣伝(復活後のアラハビカで踊りの見世物小屋を作る、オッポレ大会にキタキタ踊りで参加した挙句キタキタ踊りの宣伝を始める、レフ島の住民に聞き込みそっちのけでキタキタ踊りを見せようとする等)は欠かさない。極め付けに、魔王ギリとの決戦の際も平気で魔王ギリにキタキタ踊りを勧めようとしていた。
:*何かとストーリーに参加したがるが、所構わず踊り、敵味方双方からひんしゅくを買う。ニケは序盤からオヤジを鬱陶しく思っており、何かにつけパーティから追い出そうとし、実際に何度か成功もしているものの、その都度あっさり復活を遂げるため終盤は諦めていた。
:*登場人物中最強のキャラクターとされ、いかなる目に遭っても気絶すらしない。しつこく踊りすぎた結果戦士並みに体が鍛えられており、雑魚敵ならキタキタ踊りの腕/腰の動きだけで蹴散らすこともできる。他にもノコギリ山でオヤジのキタキタ踊りの尻の動きがグルグル「ベームベーム召喚」を導くなどしており、全く役立たずというわけではない。また、全ての存在に彼の踊りが拒絶されている訳ではなく、魔物のナナコナ達やミウチャの父親などにはキタキタ踊りは受け入れられた(ただしミウチャ父の方は、星のかざりによる時間のやり直しで無かったことになった。その後再び教わったのかは不明)
:*また、全ての存在に彼の踊りが拒絶されている訳ではなく、魔物のナナコナ達やミウチャの父親などにはキタキタ踊りは受け入れられた(ただしミウチャ父の方は、星のかざりによる時間のやり直しで無かったことになった。その後再び教わったのかは不明)。
:*ちなみに、キタの町には彼の顔をかたどったお菓子「おやじパイ」があるが、非常に不味いとされる。
:*ヒットポイントは登場キャラクター中最大の1650。
;トマ・パロット(声:[[神代知衣]])
:*キタの町出身の少年。グルグル暦1300年[[11月7日]]生まれの[[A型]]。とにかく地味。キタの町の地元3人組のひとりとして初登場。僧侶志望だったが、魔力の素養が無かったらしく[[魔法陣グルグル#職業|魔技師]]に転向、ネコジタ谷の冒険から勇者のパーティの一員となる。
:*勇者パーティの中では頭脳派とされ、言動も常に常識的。さらに努力家で、ネコジタ谷でのレベルはニケ・ククリ(それぞれレベル2、レベル3)を大幅に上回るレベル10であり、その後も加速度的にレベルが上昇した。魔技師という職業柄か発明力も純粋な人間にしてはかなりのもの。実は単純な(アイテムや武器を使った)戦闘力なら最強説が浮上するほど。実際、装備品のあらゆる所に攻撃用の仕掛けが仕込まれている。ただ本人が地味で、自分はあまり強くないと思っている謙虚さと、争いはあまり好まない穏やかな性格のためこの事実はあまり表には出ない
:*魔技師という職業柄か、発明力も純粋な人間にしてはかなりのもの。実は単純な(アイテムや武器を使った)戦闘力なら最強説が浮上するほど。実際、装備品のあらゆる所に攻撃用の仕掛けが仕込まれている。ただ本人が地味で、自分はあまり強くないと思っている謙虚さと、争いはあまり好まない穏やかな性格のためこの事実はあまり表には出ない。
:*普段は冷静のはずだが、自分の好きなアイテムのことになると人が変わり、時折異常な行動を見せることもある。また興奮しながらニケと一緒になってククリの脱衣を見ようとするなど、人並みの煩悩も持ち合わせた少年である。
:*アラハビカで自分の店を持つ夢を叶えるがニケとククリに2度破壊され、キタキタおやじによって変な店に作り変えられる。パンフォス解放後はニケにアラハビカの支配人として街を任され、ニケ達に魔法アイテムを提供している。後にパーティに復帰した。
匿名利用者