「魔法陣グルグルの登場人物」の版間の差分

(キタキタおやじ)
:*終盤ではニケたちの前で総裁が誤って名前で呼んだため、その恥ずかしい名前が周囲に露見する(7巻ですでにゴチンコにだけは知られていた)。
;闇の総裁(声:[[西川幾雄]])
:闇魔法結社の総裁。2大魔法勢力のなかでも最高の魔法の使い手だったが、ギリの世界征服にとって障壁となったため、魔法を封じるためにギリの呪いで犬([[プードル]])の姿に変えられたという
:*(実は、最後の最後にこの「呪い」には裏があったことが分かるのだが、ルンルンと作者によれば「オチが弱い」らしい―事実、原作でその核心のシーンは作者の意向により大幅に省略された)。
:*姿だけではなく言動までも犬そのものになっており、それがルンルンの悩みの種である。光の総裁(猿の姿)とは仲が悪い。ナレーターいわく「文字通り犬猿の仲」。
;ラジニ(声:[[千葉耕市]])
:シュギ村に住む闇魔法使い。隠れた闇魔法結社の団員でもある。
:*ククリにグルグルの修行を施すための「ククリちゃんのおでかけ修行ハウス」を父より預かっていた。この修行は修了に半年もかかる大掛かりなもの。修行期間が短い1ヶ月コースもあるらしいが、この場合'''「魔法は尻から出る」'''ようになる(? 修行させるための方便なのか本当なのか、真偽は不明)らしいためククリに即座に断られる。髪の毛が無いが、修行のために頭を丸めたのか、自然と抜けたのかは不明。
:*闇魔法で妖精を召喚し、なぞかけで人を惑わす「サイコ妖精」、突風で敵を吹き飛ばす「さよなら三角またきて四角」などを使う。クロコの不意打ちに倒れたことから、体力は低いと見られる。
;ゴチンコ(声:1作目[[安西正弘]]、2作目[[小和田貢平]])
:シュギ村で剣の道場を経営する男。ゴチンコ流へっぽこ剣法「おもろうてやがてダメージ」の達人で、「もっと恥ずかしく、もっと情けなく」が信条。
:*一応剣の腕前は確かだが、専用の戦闘服の珍妙さとその戦い方の奇抜さから、キタキタおやじと互角の不気味さを醸し出す。ニケの剣術を指南することになるが、ニケに向かって堂々と「才能がない」呼ばわりをするなど、愛想が悪い。修行によりニケをレベルアップさせるが、後にニケからは「特に必要もなかった」と言われた(とは言うものの、以後のニケの戦闘スタイルには明らかにこのゴチンコの流儀を受け継いだものも見受けられる)。
:*プラトー教の影の団員でもあり、ジュジュには頭が上がらない。その反面、表の団員が(いろん色々な意味で)できないようなことを一手に任されているためジュジュからの信頼は厚いが、押し売り的性格かつ金に弱いようである。
:*道場の看板にはもちろんゴチンコの字が掲げられているのだが、の字がずれているため、周囲から失笑を買っている。
:*ギザイアがシュギ村をおそった際、ジュジュとともに犬にされてしまう。その際、ガスが途中で切れたため、[[人面犬|頭だけ人間]]という中途半端な姿にされ、それ以降犬が[[トラウマ]]になっている。
;イルク(声:山田妙子 現・[[川田妙子]]))
:外伝『ククリルク』に登場。ククリが修行時代に出会った踊りが得意なお友だち。まだ8歳のククリは魔法を、イルクは踊りを一緒に練習していた。その正体は、ククリの不完全なグルグルによって召喚された存在で、ある意味「踊り」をベースとしたグルグルの真理に近い存在。「KUKURI」を反対にすると「'''IRUKU'''(K)」になる。
;ワンチン(声:長島雄一 現・[[チョー (声優)|チョー]])
:ミグミグ族の長。作品中には具象気体として登場するが、「時間がなかった」や「絵が苦手」などの理由で顔が非常に適当になっていたためであり、しばしば場のシリアス度を下げた。
:*後世にグルグルの教典を書き残そうとするも3日で飽き、教典の完成をククリに丸投げするなど、絵の下手さも含めて性格のいい加減さが随所に見受けられる。この「3日で飽きる」飽きっぽい性格はミグミグ族共通の特徴のようだ。最後の最後で遂に本人が登場し、ある真実が明らかとなる。
;ドキド(声:[[塚田正昭]])
:アッチ村の村長。ニケたちが来るまで「体を動かし続けなければならない呪い」を村ごとかけられていた。ニケたちにダンス大会の賞品である「呪われた村長のブロンズ像」を届けることを使命としており、全世界を回り「転送」の術を探していた。最終的には闇魔法結社に落ち着き、闇の総裁と共同でものを転送する装置「プードル1号」まで開発した(番外編ではニケが実験台になっていた)。そのためニケに疎まれていたが、その執念が結果的にきりなしの塔でのニケたちを救うことになった。
:*「つぼみ」となった王女はニケの光魔法「かっこいいポーズ」で光の刺激を受け咲きかかったが、少々の手違いで本作品史上最悪の光景とされる「漢の[[メリーゴーランド]]」が出現し、咲くのに時間がかかった(この時、光魔法の副次効果によりバッタにされたオヤジと旅人は元に戻ることができた)。
:*再び力を取り戻した王女は、ニケの教育方針三ヵ条により以前に比べ過激な性格に生まれ変わった。しかし、育ての親であるニケ(とククリ)には逆らえず、結局花の国すなわち植物界全ては、事実上ニケに支配されることになった。
;ガルニエ
:予言者。勇者たちに予言板を送っていた人物。ノコギリ山でオヤジの足に文字を出したのも彼だと思われる。駄洒落を好むが、非常に寒い。
;ミウチャ
:ククリにそっくりな、予言者ガルニエの弟子。占いもできるが、その解釈は相当難解。
:*ガルニエ直伝の「ダジャレまほう」が使えるが、非常に恥ずかしい上発動は自動なので、他人に見せたがらない。
;爺ファンタジー
:あまりに強すぎて無敗のまま60年、運命に導かれ「すぎた」'''世界最強のじじい四人衆(『クールで荒っぽい』キタジ、『熱血・純情タイプ』ミナジ、『おだやかな知性派』ニシジ、『パーティーのリーダー役』ヒガジ)'''。「ジタリの遺跡」の鍵を預かっていた。
:*('''『クールで荒っぽい』キタジ、『熱血・純情タイプ』ミナジ、『おだやかな知性派』ニシジ、『パーティーのリーダー役』ヒガジ''')。「ジタリの遺跡」の鍵を預かっていた。
:*いかにも現代風の[[アニメソング]]といった感じの独自の主題歌「伝・説 SILVER LOVE」にのせて、アニメのオープニング式に仕立てた「[[魔法陣グルグル#光魔法|かっこいいポーズ]]」の応用合体光魔法「かっこいいやつら」を使える。
:*最終決戦では「爺ファンタジーこいくち」として再登場。生涯無敗だったが唯一苦手な物は、年が年だけに「[[死神]]」。なお、キタジは少しボケている
:*なお、キタジは少しボケてきており[[認知症]]になりつつある。
;ファンファイ
:本名は「大僧正ファンザナ・ファイナム」だが名前が長いため、ニケに情けなく省略(「若大将ファンファイ」)される。勿体をつけて登場したが、彼が人生の全てをかけて用意したイベントを勇者たちがこなしていなかったため、空回りしていた。
匿名利用者