「魔法陣グルグルの登場人物」の版間の差分

(</br>)
=== アニメオリジナル ===
;ニャンバン(声:)
:犬の魔物「ヤンバン」と対となる猫の魔物。帽子と靴を履いたその姿は正に「[[長靴をはいた猫]]」そのものである。直接戦闘はせず、長い体でうつ伏せになり進路を塞いでくる。それを無理に飛び越えようとすると上半身だけ踊るように起き上がり相手を弾き返す
:*この一連の行動は作者、[[衛藤ヒロユキ]]の飼い猫がモデルとなっている。
;マンドラゴラ(声:[[桜井敏治]])
:コッチ村周辺に拠点を置く植物のモンスター。女性に好かれたことが無いらしく、何回告白しても振られてばかりいる
:*女性に好かれたことが無いらしく、何回告白しても振られてばかりいる。そんな過去からかわい「可愛い女の子が許せなくなり、支配したコッチ村から女の子をいけにえとして連れてくるように命じ、あえて肉体労働をやらせていじめ抜く陰湿な毎日を送っていた。
:*植物系にも関わらず火の魔法トカゲのしっぽを防ぎきる魔法防御力を持ち、頭から噴射する胡椒コショウ攻撃でむせ返らせた隙にツルで拘束してくる。キラキラ「オヤジの剣」で倒された。
;ラブラブラ(声:[[小宮和枝]])
:魔王ギリの命により「闇の風見鶏」のパーツを探しにポトマ学園の園長に成りすましていた悪魔。そのつぶらな瞳をうかつにも見てしまった者は、爆笑して行動不能に陥ってしまう。キラキラ「学校の剣」で倒された。
;モンブラン伯爵(声:[[滝口順平]])
:ダイフク谷の近くにミグミグ族が残した「闇の風見鶏」のパーツを守るためギリが送り込んだ、お菓子好きなクリの魔物。キラキラ「氷の剣」で倒された。
;ドラドラ(声:[[辻親八]])
:オットー国で開かれる魔法大会優勝商品の「魔法アイテム」を狙ってギリに派遣され、大会に紛れていた魔物。変身時は老人の姿で「ドラー」と名乗っていた。同族であるはずのレイドまで打ち負かしククリを倒そうとするが、グルグル失敗魔法10回目に現れた「失敗10回記念たこたろう」に押しつぶされた。
;バキュー(声:)
:「ナンダ山の伝説のモンスター」として言い伝えられていた幻獣。最初は[[ハポン玉ドボール]]程度の大きさと形状だが、とてつもない勢いで周囲のものを吸い込み続け瞬く間に気球のように肥大する。しかし結局ニケが掴まっていた枝が突き刺さっただけでパンクして何処かへ飛んでいった。
;合体カセギ/キングカセギ(声:[[亀山助清]]/[[菅原正志]])
:通常より戦闘力が高く耳鼻もよく利く強いカセギ。仲間を呼び合体することで[[#カセギゴールド]]に似た魔物、キングカセギに変貌する(これは[[ドラゴンクエスト]]シリーズの[[キングスライム]]のパロディ)。しかし鋭敏すぎるその感覚が仇となり、嫌な音を放つグルグル「ものすごいツメみがき」に倒れた。
;クモモンガ(声:[[大川透]])
:フルサ国の王女、クリリス姫をさらった蜘蛛のモンスター。だが、容姿の良さを見込んで連れ帰ったはずのクリリス姫のあまりのわがままぶりに辟易し、遂にはプレゼントを貢いで帰らせようとしたが、城の生活より居心地が良いからと姫に居座られ逆効果になる。勇者一行が姫の奪還に現われた時には、「どうぞ姫を連れて行ってください!」と泣いて喜び、勇者達を困惑させた。
;キザランドス(声:[[藤原啓治]])
:人魚の国の結婚式仲人とし厳重に封印され介入しおり結婚式典の儀式で時だけ外に出して使われるという「人魚の秘宝」を奪おうと、人魚の国の結婚式に仲人として介入していた魔物。アンコウとカニの混ざったような重装甲の魔物でトカゲのしっぽが効かなかったが、勇者のキラキラで倒された。
:*名前どおりに「[[キザ]]」なせいか、何故か人間の格好をすることにかぶれており、普段は[[パンクロック]]風の服装に変身している。また特に必要も無いのに、半魚人の婿、バブーン王子までその趣味に感化させていた。
;モンバン(声:)
:名前のとおり、魔王ギリの居城、闇の世界への入り口を護る三つの頭を持つ門番。
匿名利用者