「魔法陣グルグルの登場人物」の版間の差分

;ビケイン(声:[[田中敦子 (声優)|田中敦子]])
:コッチ村の近くにある谷に住む仙人。マンドラゴラに苦戦するニケとククリを助け、ニケに光の者なら誰でも出来る初歩的な空中浮遊の魔法と、勇者にしか出来ない伝説の剣「魔法剣」の修行を手伝う。
;リープヴィッヒ=ブーゲンビリア(声:):[[小宮和枝]])
:ポトマ国の全寮制学校「ポトマ学園」の園長を務める女性。しかし魔王ギリの手下悪魔「ラブラブラ」に監禁され、悪魔の方が変身して本人に成りすましていた。魔物が化けた姿の方は「ザマス」が口癖だが、本物にはそのような口癖はない。
;ガトー(声:[[島香裕]])
;プリン(声:野上ゆかな 現・[[ゆかな]])
:ガトーの娘。気が強い。
;ウッカ12世(声:):[[稲葉実]])
:ゲルニ大陸、オットー国の現国王。大の魔法好きで、コーダイ国王ウルガ13世とは対照的に闇魔法の使用も認めている。また魔法好きが高じて、年に1度「魔法大会」を開いて景品を出すことで各地から有力な魔法使いたち集めてを戦わせ、その魔法を見ることを一番の楽しみとしており、部下を困らせている。
:*国名と名前を繋げて読むと、「オットーウッカ(リ)」。
;ベティ(声:[[京田尚子]])
:ネコミ村に住むばあさんで、長老。キタキタおやじとは「アドバーグちゃん」「ベティちゃん」と呼び合う関係。その仕草は気味悪がられている。触るとレベルアップする「こまったかおのネコ」を探しに来たニケたちにヒントを教えた。キタキタおやじと同じレベルだというが、レベルがいくつなのかは不明。
;マリー(声:):[[池本小百合]])
:人魚の国の王女。近々半魚人の王子・ブーンとの婚約を控えていたが、王子がここ最近急に人間かぶれになり、いつも人間の姿ばかりするようになったことに嫌気が差し、勇者たちに結婚式を妨害して台無しにしてしまうよう依頼する。
;ブーン(声:):[[金丸淳一]])
:半魚人の王子。新しく傍に仕えるようになった家庭教師「キザランドス(正体は魔物)」の人間趣味に感化され、自分も人間の姿と[[ファッション]]をするようになり、マリーンから拒絶されている。
;光の総裁(声:[[杉野博臣]])
612

回編集