「ノズル」の版間の差分

m (chcat)
一般に、ノズルは[[内部エネルギー]]を犠牲にする代わり、[[運動エネルギー]]を増加させる事に用いられる。
 
ノズルは「コンバージェント」(流体が進むにつれ、直径が小さくなっていく)あるいは「ダイバージェント」(流体が進むにつれ、直径が大きくなっていく)型として分類できる。[[de Laval nozzle]]は、コンバージェント部に続いてダイバージェント部を持っており、しばしばコンバージェント・ダイバージェント・ノズルと呼ばれる。
Nozzles can be described as ''convergent'' (narrowing down from a wide diameter to a smaller diameter in the direction of the flow) or ''divergent'' (expanding from a smaller diameter to a larger one). A [[de Laval nozzle]] has a convergent section followed by a divergent section and is often called a convergent-divergent nozzle.
 
コンバージェント・ノズルは流体を加速させる。ノズルの圧力比が十分に高ければ、流速はノズルのもっとも狭い部分で音速に達する。このような場合、ノズルはchokedであるという。
Convergent nozzles accelerate fluids. If the nozzle pressure ratio is high enough the flow will reach sonic velocity at the narrowest point (i.e. the ''nozzle throat''). In this situation, the nozzle is said to be ''choked''.
 
ここでノズルの圧力比をより大きくしても、ノズルのもっとも狭い部分での流速はマッハ1のまま変わらない。流体はノズルを出た後に自由膨張して音速を突破する。
Increasing the nozzle pressure ratio further will not increase the throat [[Mach number]] beyond unity. Downstream (i.e. external to the nozzle) the flow is free to expand to supersonic velocities.
 
ダイバージェント・ノズルは、流速が亜音速である場合、流速をさらに落とす。しかし、音速に達している流体や超音速の流体に対しては、さらに流速を高める。
Divergent nozzles slow fluids, if the flow is subsonic, but accelerate sonic or supersonic fluids.
 
このため、[[de laval nozzle|Convergent-divergent nozzles]]は、chokeによって音速に達した流体を、超音速に加速することができる。このCDプロセスはコンバージェント・ノズルの超音速性能を劇的に改善する。
[[de laval nozzle|Convergent-divergent nozzles]] can therefore accelerate fluids that have choked in the convergent section to supersonic speeds. This CD process is more efficient than allowing a convergent nozzle to expand supersonically externally.
 
排気速度は対気速度以上でなければならないので、超音速航空機は、重量およびコストの超過を承知の上で、コンバージェント・ダイバージェント・ノズルを備えるのが普通である。[[戦闘機]]や[[SST]](例:[[コンコルド]])
Since exhaust velocity has to exceed airspeed, supersonic aircraft also very typically use a con-di nozzle despite the weight and cost penalties. Supersonic jet engines, like those employed in [[fighter]]s and [[SST]] aircraft (e.g. Concorde), indeed have relatively high nozzle pressure ratios. Because subsonic jet engines require low exhaust velocities, they require only subsonic exhaust and thus have modest nozzle pressure ratios and employ simple convergent nozzles.
のような航空機が使用する超音速ジェット・エンジンは高いノズル圧力比を持っている。一方、亜音速ジェットエンジンの排気速度は低く、亜音速の排気しか要求されない。そしてそれほど高くないノズル圧力比をもっており、単純なコンバージョン・ノズルを使う。
 
[[Rocket motor]]s use convergent-divergent nozzles, to maximise thrust and exhaust velocity and thus extremely high nozzle pressure ratios are employed.
匿名利用者