「異界」の版間の差分

編集の要約なし
 
===刑務所===
[[やくざ]]のあいだでは、[[刑務所]]の中に対して、外の社会を[[娑婆]]という。娑婆とは普通の人が暮らしている「この世」のことであるから、刑務所の塀の中を「あの世」つまり異界と見なしているわけである。実際、服役囚たちは、携帯電話もパソコンもつかえず、手紙のやりとりも検閲があるなど、一般社会からは著しく隔離されている。
 
===やくざ===
そうした意味では、[[やくざ]]の世界もまた異界の一つである。国民が社会生活を営むよりどころとしている法に対し、全く遵守する意思を持たず、独自の掟を持っている。また、一種の符牒である独特の[[やくざ言葉]]が使われている。東映のヤクザ映画や、やくざをテーマにしたエンターテインメント小説に人気があるのは、こうした違った価値観を持つ人たちの視点で社会を見るおもしろさがあるからだろう。
 
===隔離施設===
異界ものの小説として有名なものに、まず[[北条民雄|北條民雄]]の[[いのちの初夜]]を初めとする一連の作品がある。らい([[ハンセン病]])の[[隔離施設]]は、刑務所以上の異界である。囚人は刑期が開ければ出所できるが、重症のハンセン病患者は、死ぬまで外へ出られないからである。しかし、この作品群は、究極の状態に追いつめられた人間の心理を、鋭いタッチで描いている。
 
===被差別部落===