「パンアメリカン航空202便墜落事故」の版間の差分

テンプレート追加
(テンプレート追加)
{{Infobox Airliner incident
|name=パンアメリカン航空202便
|Date=[[1952年]][[4月29日]]
|Type=空中分解
|Site=[[ブラジル]]・[[カロリナ]]300Km
|Fatalities=50
|Injuries=0
|Aircraft Type=[[ボーイング377|ボーイング377ストラトクルーザー]]
|Operator=[[パンアメリカン航空]]
|Tail Number=N1039V
|Passengers=41
|Crew=9
|Survivors=0
}}
 
'''パンアメリカン航空202便墜落事故'''(Pan American World Airways Flight 202)とは、[[ボーイング377]]ストラトクルーザー[[旅客機]]が[[ブラジル]]奥地に墜落した[[航空事故]]である。後に事故は[[プロペラ]]の設計ミスが引き金となって機体破壊が発生したものと判明した。
 
== 事故の概要 ==
[[1952年]][[4月2928日]]、[[パンアメリカン航空]]202便は[[アルゼンチン]]・[[ブエノスアイレス]]を出発し、途中[[ウルグアイ]]の[[モンテビデオ]]とブラジル・[[リオデジャネイロ]]と[[トリニダードトバコ]]・[[ポートオブスペイン]]を経由して[[アメリカ合衆国]]・[[ニューヨーク]]行きとして運航されていた。
 
202便は当時パンアメリカン航空の豪華旅客機として有名であったボーイング377ストラトクルーザー([[機体記号]]:N1039V)で運航されており、当日運航便であったN1039V機には「クリッパー・グッドホープ」のシップネームが付けられていた。
 
[[4月29日]]午前3時06分(以下[[世界標準時間]])にリオデジャネイロを離陸し北北西に針路を向けて次の経由地であったポートオブスペインに10時間30分後に着陸する有視界飛行による[[フライトプラン]]であった。午前6時16分に[[アマゾン]]にあるバレリアス附近の位置通報地点で航空管制に対し「現在14,500フィートを巡航中、次の位置通報地点カロリナは午前7時45分に通過予定」と報告したのを最期に消息を絶った。202便を最期に目撃したのはフォルモサ(Formosa)とサンフランシスコ(Saő Francisco)という村の住民で、最期の通報をした時間であった。証言によれば202便は通常の飛行をしていたという。
 
202便が消息を絶ってから、ブラジル海軍は海上を捜索するとともに、ブラジル空軍とアメリカ空軍機と海軍機による大規模な捜索が行われ、5月1日になってリオデジャネイロから北北西約1600Km、アマゾン川河口にあるベレムから南に1050Km離れたパラ郡南東部のアマゾンの[[熱帯雨林]]に墜落した202便の残骸を発見した。この事故で運航乗員員5名、客室乗務員4名、乗客41名の合せて50名全員の死亡が確認された。後に墜落したのは午前6時40分(現地時間午前3時40分)ごろと推定された。