「二子玉川園」の版間の差分

編集の要約なし
'''二子玉川園'''(ふたこたまがわえん)は[[東京都]][[世田谷区]]にあった[[遊園地]]である。
 
[[1922年]](大正11年)に[[玉川電気鉄道]]が開設した玉川第二遊園地が起源で、のち玉川電気鉄道が1938年に東京横浜電鉄と合併してできた(新)東京横浜電鉄、[[東京急行電鉄]]の経営・運営を経て、[[1985年]]に閉鎖された。
<!--
 
== 主な施設 ==
敷地は、多摩川左岸に面した勝地として知られた玉川の瀬田河原と呼ばれた地にあり、太平洋戦争による休止前は、[[パラシュート]]練習場、玉川プールなどを擁した。戦後はフライングコースター等の施設や映画館などを有した。閉園後の敷地は他の遊園地に転用された。[[2007年]]時点では、[[二子玉川東地区再開発]]用地になっている。
-->
 
== 歴史 ==
正面入口前にはバスロータリーがあり、[[目黒駅]]、[[多摩川園駅]]、[[横浜駅]]、[[砧本村]]との間を結ぶ[[東急バス]]が発着した。
;[[1909年]]:[[玉川電気鉄道]]の手により、同社の集客施設として東京郊外の[[荏原郡]][[玉川村]][[瀬田]]に玉川遊園地を開設。[[浅草花やしき|浅草花屋敷]]に業務を委託。<br>[[久遠寺|身延山]]東京別院が誘致され、また「玉川閣」と名付けられた演芸娯楽施設があった。遊戯施設は少ない代わりに大運動場があった。
 
;[[1922年]] 7月:多摩川沿いに玉川第二遊園地(玉川児童園)を開設。従来の遊園地は玉川第一遊園地(または瀬田遊園地)と呼ばれるようになる。
== 歴史年表 ==
;[[1925年]] 6月:玉川第二遊園地に隣接して玉川プールを開場。
;*[[1909年]]:[[玉川電気鉄道]]の手により、同社の集客施設として東京郊外の[[荏原郡]][[玉川村]][[瀬田]]に玉川遊園地を開設。[[浅草花やしき|浅草花屋敷]]に業務を委託。<br>[[久遠寺|身延山]]東京別院が誘致され、また「玉川閣」と名付けられた演芸娯楽施設があった。遊戯施設は少ない代わりに大運動場があった。
;[[1927年]]:玉川プールに隣接してテニスコートを設置。
;*[[1922年]] 7月:多摩川沿いに玉川第二遊園地(玉川児童園)を開設。従来の遊園地は玉川第一遊園地(または瀬田遊園地)と呼ばれるようになる。
;[[1929年]]:委託経営を取りやめ、玉川電気鉄道の直営となる。
;*[[1925年]] 6月:玉川第二遊園地に隣接して玉川プールを開場。
;[[1939年]]:玉川第二遊園地は[[読売新聞]]と提携し、読売遊園と改称。のちにパラシュート練習塔が設けられる。(戦後、[[江ノ島]]に灯台として移築)
;*[[1927年]]:玉川プールに隣接してテニスコートを設置。
;[[1944年]]:玉川第一遊園地を閉鎖。また、読売遊園も休業。東急社員向けの農場に転用される。
;*[[1929年]]:委託経営を取りやめ、玉川電気鉄道の直営となる。
;[[1954年]][[3月27日]]:玉川第二遊園地が、[[東急不動産]]の手により、二子玉川園として再開。
;*[[1939年]]:玉川第二遊園地は[[読売新聞]]と提携し、読売遊園と改称。のちにパラシュート練習塔が設けられる。(戦後、[[江ノ島]]に灯台として移築)
;[[1955年]][[4月1日]]:東京急行電鉄が経営を受託。
;*[[1944年]]:玉川第一遊園地を閉鎖。また、読売遊園も休業。東急社員向けの農場に転用される。
;[[1956年]][[4月20日]]:名物となるフライングコースターを設置。(閉園時まで稼働)
;*[[19571954年]][[933027日]]:映画館・玉川第遊園地が、[[東急不動産]]の手により、二子玉川園として再
;1957*[[1955]][[124月1日]]:五島ローズガーデン東京急行電鉄が経営開園受託
;*[[19851956年]][[343120日]]:閉園。跡地は二子玉川タ名物となるフラングコークになるを設置(閉園時まで稼働)
*[[1957年]][[9月30日]]:映画館・二子東急を開館。
*1957年[[12月1日]]:五島ローズガーデンを開園。
*[[1985年]][[3月31日]]:閉園。跡地は二子玉川タイムスパークになる。
 
== アクセス ==
13,094

回編集