「伊佐郡 (常陸国)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''伊佐郡'''(いさのこおり・いさぐん)は、かつて[[常陸国]](現在の[[茨城県]]の大部分を占める、古代[[律令制]]下の国)に存在した郡。常陸国の西部にあって[[下野国]]、[[下総国]]と境界を接していた[[新治郡]]が、細分化する中で成立した。ここでいう新治郡は、近代になって成立、[[2006年]](平成18年)まで存していた[[茨城県]][[新治郡]](にいはりぐん)とは、呼称こそ同じであるが全く別個のものである。
 
==成立過程==
7世紀末~8世紀初頭に成立した郡<ref>[[新治郡]]、[[筑波郡]]、[[信太郡]]、[[茨城郡]]、[[行方郡]]、[[香島郡]]、[[那珂郡]]、[[久慈郡]]、[[多珂郡]]、[[白壁郡]]、[[河内郡]]</ref>や[[郷]]は、律令制の動揺とともに在地の豪族など諸勢力による細分化、再編成が進んだ。[[新治郡]]からはまず、[[小栗御厨]]が[[伊勢内宮]]領として分出。残った領域が東郡、中郡、西郡の三郡に分かれ、このうち西郡が更に北条、南条に二分された。この西郡北条が'''伊佐郡'''、南条が[[関郡]]である。
 
==伊佐氏と伊達氏==
伊佐郡を名字の地としていた一族に[[伊佐氏 (常陸国)|伊佐氏]]がある。[[1189年]](文治5年)の[[源頼朝]]による[[奥州合戦]]では、[[常陸入道念西]]の長子[[伊佐為宗]](常陸冠者為宗)が戦功をあげ奥州[[伊達郡]]を拝領。為宗は本領の伊佐郡にとどまったが、念西と一族の者が伊達郡へと下り、後の[[仙台藩]][[伊達氏]]の始祖となった。[[鎌倉幕府]]の公式記録ともいえる[[吾妻鏡]]では、[[1240年]](仁治元年)の[[伊佐右衛門慰]]以降、[[伊佐氏 (常陸国)|伊佐氏]]に関する記述は見られないが、[[南北朝時代]]に[[常陸国]]が戦場となると、[[伊佐城]]を拠点に同族の[[伊達行宗]](伊達行朝)とともに南朝方として戦っている<ref>伊佐城は、[[1343年]](興国4年・康永2年)に落城。伊佐氏は没落し、伊達氏も常陸における拠点を失う。</ref>
 
==伊佐城==
 
 
 
99

回編集