「ヒュペリーオーン」の版間の差分

correction
m (ページ ヒュペリオンヒュペリーオーン へ移動: ガイドラインに従う改名)
(correction)
{{Otheruses|ギリシャ神話に登場する神|[[土星]]の[[衛星]]|ハイペリオン (衛星)}}
'''ヒュペリン'''('''ヒュペ[[古典ギーオーン'''、シア語]]:'''‘Υπερίων''', 、'''Hyperion''')は[[ギリシア神話]]に登場する[[神]]であり、[[ティーターン]]の一族である。その名は「高みを行く者」の意味で、太陽神・光明神と考えられる
その名は「高みを行く者」の意味で、太陽神・光明神と考えられる。
 
日本語では、'''ヒュペリオン'''とも呼ぶ。
[[ウラノス]]と[[ガイア]]の息子で[[ティタン]]の一人。
== 概説 ==
[[ウーラノス]]と[[ガイア]]の息子で[[ティーターン]]の一人。また、[[テイア]]の夫で、[[ヘリオス]]、[[セレネ]]、[[エス]]の父でもある。
 
なお、ヒュペリオンという名は、[[太陽神]]としてのヘリオスの呼称としても用いられる。
 
なお、ヒュペリンという名は、[[太陽神]]としての[[リオス]]の呼称としても用いられる。
 
{{grmyth-stub}}
[[category:ギリシア神話の神|ひゆへりおん]]
[[Category:太陽神|ひゆへりおん]]
1,016

回編集