「種子島時次」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''種子島 時次'''(たねがしま ときつぐ、[[弘治 (日本)|弘治]]2年[[9月11日 (旧暦)|9月11日]]([[1556年]][[10月14日]])-[[永禄]]5年[[10月1日 (旧暦)|10月1日]]([[1562年]][[10月28日]]))は、[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]の[[種子島氏]]15代当主。[[種子島時尭]]の長男。官名「左兵衛尉」。幼名は不詳。
 
種子島時尭は[[島津忠良]]の娘を正室に迎えていたが、生まれたのは女子ばかりで、長らく跡継ぎとなる男子に恵まれなかった。そこで[[禰寝尊重]]の娘を側室に迎えて生まれたのがこの時次である。しかし、当時[[島津氏]]と[[禰寝氏]]は対立しており、時尭のこの行為は島津家には裏切り以外の何物でもなく、時尭正室の怒りを買って時尭夫妻は離婚している。
 
[[永禄]]3年には早々と[[元服]]して[[家督]]を譲られ「左兵衛尉時次」を名乗る。その時まだ数え5歳であり、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]において、父存命中にこのような幼少で家督相続するのは非常に珍しい。いかに時尭が時次の誕生を待ち望んでいたかが伺える。しかし、そのわずか2年後に夭折。法号「要法院殿日要大居士」。
6,071

回編集