「宇奈月温泉事件」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''宇奈月温泉事件'''(うなづきおんせんじけん、昭和9年(オ)第2644号妨害排除請求事件、大審院昭和10年10月5日判決民集14巻1965頁)は、[[富山県]][[下新川郡]]内山村(現[[黒部市]])の[[宇奈月温泉]]で起きた[[民事事件]]である。権利[[濫用]]について[[大審院]]が初めて明確に判断した判決であるため、[[民法]]上重要な[[判例]]の一つである。
 
この事件の判決は有斐閣『民法判例百選I』で第1番目の事件として登載されているなどしているため、大学に入学した法学部生が最も早く目にする判例のひとつである。
 
== 事件の概要 ==
宇奈月温泉では7.5km先にある[[黒薙温泉]]から地下に埋設させた木製の[[引湯]]管を使いお湯を引いていた。この引湯管は大正6年にAが当時の価格で30万円を費やし、埋没させる土地の利用権を有償ないし無償で獲得して完成させたものである。しかし、この引湯管は途中で利用権を得ていない甲土地を2坪分だけ経由してしまっていた。この土地はB氏の所有する112坪の乙土地の一部であるが、112坪の乙土地全体が利用が非常に難しい急傾斜地にあった。
 
この引湯管はその後、宇奈月温泉行きの[[鉄道]]を所有しているY社([[黒部鉄道]]=現在の[[富山地方鉄道]]の一部)によって営まれていた。またB氏は、引湯管が経由している2坪を含めた112坪の乙土地全体を1坪あたり26銭でX氏に売却していた。
 
乙土地を買ったX氏は、[[不法占拠]]を理由に、Y社に対して引湯管を撤去するか、さもなければ乙土地の周辺の土地を含めた計3,000坪を1坪7円総額2万円余りで買い取るよう求めた。Y社これに応じなかったため、X氏はY社に対して[[妨害排除請求]]として引湯管の撤去等を求めて[[提訴]]した。
 
== 判決 ==
第1・2審はX氏の請求を退けたため、X氏は[[大審院]]に[[上告]]した。
 
大審院は「権利ノ濫用」という文言を判決文中で初めて用い、X氏の請求(所有権の行使)は権利の濫用にあたるため認められない、として請求を棄却した。
 
すなわち、利用価値の無い本件土地は原告(X氏)にとってなんら利益をもたらさないのに対し、請求を認めて引湯管を撤去すれば、宇奈月温泉と住民に致命的な損害を与えることになる。このような結果をもたらす所有権の行使に基づく請求は所有権の目的に反するものであり、権利の濫用であって権利行使が認められない、とした。
 
== 関連条文 ==
* [[b:民法第1条|民法第1条]]
 
== 参考文献 ==
* 有斐閣『民法判例百選I(総則・物権)』
 
[[Category:民法|うなつきおんせんしけん]]
9,089

回編集