メインメニューを開く

差分

 
=== アダルトゲーム ===
[[アダルトゲーム]]業界における原画担当職の位置づけは、他のジャンルとは少々異なり、作品制作において極めて重要な役割を負う事になる。
特に[[アダルトゲーム]]においては、大半のケースで原画担当者がキャラクターデザインを兼ねており、原画担当者の技量、センス、知名度、そして人気がゲームの売り上げに与える影響は非常に大きい。その為、この業界では『原画家』と称される事も多い。
 
特に[[アダルトゲーム]]においては、原画担当者が大半のケースで原画担当者が[[キャラクターデザイン]]を兼ねており、原画担当者の技量、センス、知名度、そして人気がゲームの売り上げに与えを直接左右すなど、影響は非常に大きい。その為、この業界では『原画家』『原画師』と称される事も多い。
人気の原画家には強固な[[ファン]]が付き、[[脚本|シナリオ]]やゲームシステムの不出来が予想されていても「'''[[地雷#転用|地雷]]上等'''」「'''原画家のCG集と思って買う'''」などと言って購入する。そこまでは行かなくても、絵でブランドを見分けていたり、ショップ等で絵を見て購入するユーザーも多い。
 
人気の原画家には強固な[[ファン]]が付き、たとえ[[脚本|シナリオ]]やゲームシステムの不出来が予想されていても「'''[[地雷#転用|地雷]]上等'''」「'''原画家のCG集と割り切って買う'''」などと言って購入する。そこまでは行かなくても、絵でブランドを見分けていたり、ショップ等で絵をたパッケージがプレイヤーの購入の決め手となユーザーも多い。
そのため、多くのメーカーは自社の原画家が人気となり、ブランドの売上を伸ばす大[[看板]]となることを期待している。だが、一方では原画家の人気が[[カリスマ]]化する程になり、『原画家人気=ブランド人気』という状況にまでなると、今度は経営そのものが原画家に極端に依存する事になり、原画家の意向にゲームソフトの方向性や、さらには開発チームそのものが振り回されたりするなど、このカリスマ化した原画家の人気がかえって悩みの種になっている人気メーカーも少なくない。また、ブランド人気を一手に支えていた人気原画家が独立目的に退職した事によって、ブランドや開発チームが存続できなくなり解散に至ったケースもあるなど、原画家の人気が沸騰する事はメリット一辺倒という訳でもない。
 
そのため、多くのメーカーは自社の原画家が人気となり、ブランドの売上を伸ばす大[[看板]]となることを期待している。だが、アニメやテレビゲームと比べれば開発チームの経営規模が小さい為、一方で原画家の人気が[[カリスマ]]化する程になり沸騰し、『原画家人気=ブランド人気』という状況にまでなると、今度は経営そのものが原画家に極端に依存する事になり、原画家の意向にゲームソフトの方向性や、さらには開発チームそのものが振り回されたりするなど、このカリスマ化した原画家の人気がかえって悩みの種になっている人気メーカーも少なくない。また、ブランド人気を一手に支えていた人気原画家が独立目的に退職した事によって、ブランドや開発チームが存続できなくなり解散に至ったケースもあるなど、原画家の人気が沸騰する事はメリット一辺倒という訳でもない。
 
==関連項目==
匿名利用者