「武蔵円明流」の版間の差分

宮本武蔵政名は宮本武蔵玄信より兄の岡本小四郎政名:改名、宮本武蔵義貞(武蔵流 流祖)と伴に兵道鏡円明流の極意を伝承した。義貞は播磨地方で武蔵流を分派、政名は鳥取美作地方で武蔵円明流を分派し、政名、5代孫:岡本堪兵衛正諠(鳥取池田藩剣術指南役)により鳥取地方に[[元文]][[寛保]]<!--元文寛保期と年が異なるためコメントアウト([[1763年]]~[[1743年]])-->頃伝えられた。正諠は父照方に祖伝来の円明流とともに父が創めた岡本流体術、二刀剣法を合わせて武蔵円明流を完成させた。
 
武蔵円明流は「武蔵円明流修行目録」、「武蔵円明流口授書」なる秘伝書とともに初代宗家、岡本堪兵衛正諠から伝えられた。現在、[[荒川公延]]と[[諸田森二]]がともに第15代宗家を称している。本来の武蔵円明流は体術(岡本流)も伝えていたが、両系統とも体術は伝えていないようである。
 
[[Category:剣術流派|むさしえんめいりゆう]]
匿名利用者