「三色同刻」の版間の差分

編集の要約なし
'''三色同刻'''(サンソードーコー、さんしょくどうこく)とは、[[麻雀]]における[[役 (麻雀)|役]]のひとつ。2飜。3種類の色([[麻雀牌#萬子|萬子]]・[[麻雀牌#索子|索子]]・[[麻雀牌#筒子|筒子]])のそれぞれ同じ数字の[[面子#刻子|刻子]]([[面子#槓子|槓子]]も含む)を作ったときに成立する。[[三色同順]]より頻度が少ないため、食い下がりがない。しかしながら、[[門前 (麻雀)|門前]]では3飜、[[副露]]なら食い下がり2飜とされるローカルルールも存在する。[[ポン (麻雀)|ポン]]をして手を作ることが多いことから、'''三色同ポン'''とも呼ばれる。
 
[[三槓子]]、[[三暗刻]]、[[三連刻]]、[[三色同順]]と比べると見かける頻度は非常に低い。[[対々和]]・[[混老頭]]と複合しやすい。
[[清老頭]]はこの形を含むことが多い。
----
匿名利用者