「広川太一郎」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
== 演技 ==
声のトーンの高低を変えるだけで、低い時には渋い二枚目に、高い時にはマンガ的なキャラクターへ、と全く違った印象を与える巧みさを持つ。特に後者について、コメディー作品における台本にないセリフを吹き替えに収めて作品の魅力を引き出す超絶的な演技と、「ようっとな」「いいんでないかい」「なんともはや」「…っちゃったりなんかして」「はた?」「?」「恥ずらかしいと駄洒落を交えた台詞など、ファンの間で「広川太一郎調」と呼ばれている独特の語り口で知られる。また、クールな口調のナレーションからハイテンションなナレーションまでこなせる。
 
しばしばアドリブと誤解される吹き替えでの広川独特のフレーズは、最初からシナリオ通りだったと[[TBSラジオ]]にて発言。その軽妙洒脱な持ち味から一般に「アドリブの達人」と評されることもあるが、厳密には事前にもらった台本に、広川自身が考えた駄洒落やフレーズをびっしりと書き込み、これをもとに打ち合わせして収録するのだという。当時はまだ「アドリブ」と言うものが快く受け入られなかったからであるらしい。とりわけ[[香港映画]]のコメディー『[[Mr.BOO!]]』シリーズが[[フジテレビジョン|フジテレビ]]で放送されるときは、担当した[[マイケル・ホイ]]の台詞が「もたもたして古臭い。吹き替えで面白くしないと」とディレクターと相談してオリジナルにない台詞を連発、オリジナルより面白くなったと評判となった。2005年にユニバーサルからMr.BOO!シリーズのDVDが発売された際に、一部作品を除いて吹き替え版が収録されている。
 
== 主な出演 ==
* [[ベガス]]
* 野望に燃える男
* [[魔術の恋]]
 
==== ロバート・レッドフォード 作品 ====
* [[明日に向って撃て!]] レーザーディスク版
* 雨のニューオリンズ
* 華麗なるヒコーキ野郎
* [[スパイゲーム]] テレビ東京版
* 大統領の陰謀(TBS)
* [[遠すぎた橋]] 日本テレビ版(DVDにも収録)
* [[バットマン]] TVシリーズ(ブルース・ウェイン=バットマン/アダム・ウェスト)
* 張り込み([[リチャード・ドレイファス]])1991年6月29日(土)フジテレビ「[[ゴールデン洋画劇場]]」
* [[空飛ぶモンティ・パイソン|モンティ・パイソン]] シリーズ (エリック・アイドル)
* ヤング・フランケンシュタイン(フレデリック・フランケンシュタイン/ジーン・ワイルダー) ※テレビ版のみ
* [[ローマの休日]]([[理容師]]マリオ)
* [[ワイルド・ワイルド・ウエスト]](アーリス・ラブレス工学博士【[[ケネス・ブラナー]]】) ※テレビ版のみ
* [[鷲は舞い降りた]]([[マイケル・ケイン]])1982年テレビ朝日「[[日曜洋画劇場]]」
* [[クイーン・コング]](ロビン・アスクイズ)
 
=== 実写 ===
825

回編集