「清水清一朗」の版間の差分

**衆議院初当選に際し[[朝日新聞]]の取材に応じ、「順位が最下位だったため[[告示]](公示)前には党幹部に文句を言った。当選できるとはもちろん思っていなかった。神様が帳尻を合わせてくれたのだと思う。[[小泉純一郎]][[総理]]のもとで頑張ります」と語った。
**当選後、議員会館にFAXがついていないと暴言をはき、世論の厳しい批判を招いた{{要出典}}。
**義父の小澤が[[宏池会]]に所属していたことから、清水も都議選初出馬以来同会の支援を受けていた。当初[[派閥]]には入会していないもおらず、上記の、今も経緯で[[宏池会 (古賀派)]]や[[宏池会 (谷垣派)]]に近い。まかっが、2007年8月[[二階派]]に入会した。なお、小澤・清水以来の縁で、東京20区から当選した木原誠二は宏池会 (古賀派)に属している。
*[[2006年]] 自民党[[再チャレンジ]]支援議員連盟に参加した。
*[[2007年]]7月 2006年分国会議員所得報告書が公開される。同報告書によると清水の年間所得は1億2939万円。資産家・実業家として著名な[[鳩山邦夫]]・[[松本龍 (政治家)|松本龍]]・[[堀内光雄]]らの政治家の所得を上回り、[[小杉隆]]・[[田中真紀子]]に次いで第3位であった。
6,278

回編集