「今鏡」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''今鏡'''(いまかがみ)は、[[歴史物語]]。成立は[[平安時代]]末期であり、今鏡「序文」によれば、[[高倉天皇]]の嘉応二年(1170年)とされる。作者は[[藤原為経]]([[寂超]])を作者とするのが定説になっている。いわゆる「[[四鏡]]」の成立順では二番目に位置する作品である。内容的にも二は『大鏡』の延長線上に位置し、三番目に古い時代を扱っている
 
== 題名 ==
746

回編集