「エルネスト・ギロー」の版間の差分

編集の要約なし
({{db|定義未満}})
編集の要約なし
{{db|定義未満}}
 
'''エルネスト・ギロー'''('''Ernest Guiraud''', [[1837年]][[6月23日]] - [[1892年]][[5月6日]])は[[フランス]]の[[作曲家]]。
エルネスト・ギローは、弦楽を得意とする作曲家で、[[ジョルジュ・ビゼー]]と[[親交]]があった。また、ビゼーの死後、「[[アルルの女]]」第二組曲を完成させたのも[[彼]]である。
 
[[1837年]]に、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[ニューオーリンズ]]で生まれる。[[1852年]]にフランスに移住し、[[パリ国立高等音楽・舞踊学校|パリ音楽院]]にて学ぶ。[[1859年]]には[[ローマ賞]]を受賞(ちなみに、彼の父も[[1927年]]にローマ賞を受賞している)。
 
[[1876年]]にパリ音楽院の教授に就任し、[[クロード・ドビュッシー]]や[[ポール・デュカス]]などを指導した。
 
エルネスト・ギローは、弦楽を得意とする作曲家でまた、[[ジョルジュ・ビゼー]]と[[親交]]があった。また、ビゼーの死後「[[アルルの女]]」第二組曲を完成させたのも[[彼]]ギローである。
 
[[1892年]]、[[パリ]]にして死去。
 
{{classic-stub|きろえるねすと}}
 
[[Category:フランスの作曲家|きろえるねすと]]
[[Category:1837年生|きろえるねすと]]
[[Category:1892年没|きろえるねすと]]
匿名利用者