「契約理論」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''契約理論'''(けいやくりろん)とは、[[財]]・[[サービス]]の[[取引]]の基礎をなに関当事者間の合意事項、すなわちである[[契約]]に着目それ自体契約の締結や履行の管理に[[取引費用|費用]]がかかったり、そのために必要な契約当事者間で保持する[[情報]]が不完全であったり、情報を処理する能力が限定的であ異なったり(Hidden Information)、契約の履行を監視する機構が不完全であったり(Hidden Action)、情報を処理する能力が限定的である([[限定合理性]])ために生じる諸現象を説明するミクロの理論である。
 
==契約理論の扱う問題==
236

回編集