「サームプラヤー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{タイ君主表|
{| border="1" cellpadding="2" cellspacing="0" align="right"
||正式名称||'''name = サームプラヤー王'''|
!colspan="2" align=center bgcolor="#DEFFAD"|肖像
||[[タイ語]]表記||name_th = เจ้าสามพระยา|
|-
||称号||'''title = [[ボーロマラーチャーティラート]]2世'''<br>(&#3626;&#3617;&#3648;&#3604;&#3655;&#3592;&#3648;&#3592;&#3657;&#3634;&#3614;&#3619;&#3632;&#3618;&#3634;&#3610;&#3619;&#3617;&#3619;&#3634;&#3594;&#3634;&#3608;&#3636;&#3619;&#3634;&#3594;&#3607;&#3637;&#3656; &#3666;)|
|colspan="2" align=center|<!--[[画像:肖像]]-->なし
||王朝・代||dynasty = [[アユタヤ王朝]]8代目|
|-
||統治地域||area = 現在の[[タイ国]]・[[アユタヤ]]を中心とする地域|
! colspan="2" align=center bgcolor="#DEFFAD"|基本情報
birth = |
|-
reign = [[1424年]] - [[1448年]]|
||正式名称||'''サームプラヤー王'''
alt_name =
|-
|}}
||[[タイ語]]表記||&#3648;&#3592;&#3657;&#3634;&#3626;&#3634;&#3617;&#3614;&#3619;&#3632;&#3618;&#3634;
'''サームプラヤー王'''は[[タイ王国|タイ]]の[[アユタヤ王朝]]の8代目[[王]]一人ちちである[[ナカリンタラーティラート]]が死んだ時、その兄弟三人が争ったその中の一人がサームプラヤーであった。後に、[[アンコール・トム]]を攻略し、[[クメール王朝|クメール]]からクメール官吏を捕虜として連れて来た。それにより、[[バラモン教]]の文化面がアユタヤ王朝に入り込み、[[サックディナー制度]]と呼ばれる[[封建制度]]に似たシステムを導入したり、親である王が、子である国民と友好的な国作りをするという''親子疑似体制''に代わって、王は神であるとするバラモン的な'''[[デヴァラージャ|神王思想]]'''を導入したり、宮中儀式をバラモン風に改めたりした。後に、'''神王思想'''は[[王語(タイ)|王語]]を生み出したりもした。特にサックディナー制度は以降、[[タイの王朝]]の基本的体制となる。この王の時代[[スコータイ王朝]]は完全に、[[アユタヤー王朝]]の支配下に入った。
|-
||[[英語]]表記||King Sam Phraya
|-
||別名・通称|| <center>\</center>
|-
||称号||'''[[ボーロマラーチャーティラート]]2世'''<br>(&#3626;&#3617;&#3648;&#3604;&#3655;&#3592;&#3648;&#3592;&#3657;&#3634;&#3614;&#3619;&#3632;&#3618;&#3634;&#3610;&#3619;&#3617;&#3619;&#3634;&#3594;&#3634;&#3608;&#3636;&#3619;&#3634;&#3594;&#3607;&#3637;&#3656; &#3666;)
|-
||王朝・代||[[アユタヤー王朝]]8代目
|-
||統治地域||現在の[[タイ国]]・[[アユタヤー]]を中心とする地域
|-
||誕生|| <center>\</center>
|-
||即位期間||[[1424年]] - [[1448年]]([[タイ仏暦]]1964年-1991年)
|-
||その他の呼称|| <center>\</center>
|-
||前の王||[[ナカリンタラーティラート王]]
|-
||次の王||[[ボーロマトライローカナート王]]
|}
'''サームプラヤー王'''は[[タイ王国|タイ]]の[[アユタヤー王朝]]の8代目の[[王]]。ちちである[[ナカリンタラーティラート王]]が死んだ時、その兄弟三人が争ったその中の一人がサームプラヤーであった。後に、[[アンコール・トム]]を攻略し、[[クメール]]からクメール官吏を捕虜として連れて来た。それにより、[[バラモン教]]の文化面がアユタヤー王朝に入り込み、[[サックディナー制度]]と呼ばれる[[封建制度]]に似たシステムを導入したり、親である王が、子である国民と友好的な国作りをするという''親子疑似体制''に代わって、王は神であるとするバラモン的な'''神王思想'''を導入したり、宮中儀式をバラモン風に改めたりした。後に、'''神王思想'''は[[王語(タイ)|王語]]を生み出したりもした。特にサックディナー制度は以降、[[タイの王朝]]の基本的体制となる。この王の時代[[スコータイ王朝]]は完全に、[[アユタヤー王朝]]の支配下に入った。
 
'''==関連項目'''==
*[[マハータンマラーチャー4世]]
*[[タイ君主一覧]]
 
<br clear=all>
<table width="75%" border="0" align="center"><tr><td width="35%" align="center" style="border: 1px solid #aaaaaa; background: #ffffff;" >先代:<br>'''[[ナカリンタラーティラート]]'''</td>
<td width="30%" align="center" style="border: 1px solid #aaaaaa; background: #ffffff;" >[[アユタヤ王朝]]</td>
<td width="35%" align="center" style="border: 1px solid #aaaaaa; background: #ffffff;" >次代:<br>[[ボーロマトライローカナート]]</td></tr></table>
 
[[category:タイ人|さむふらや]][[category:タイ君主|さむふらや]]
13,242

回編集