「土井利武」の版間の差分

編集の要約なし
(db)
編集の要約なし
'''土井 利武'''(どい としたけ、[[1714年]]~[[1733年]][[6月10日]])は、[[唐津藩]]2代藩主[[土井利実]]の長男。
{{db|定義未満}}
 
土井利武(1714~1733)6月10日卒
彼は、生まれたときから病弱であり、[[1733年]]に僅か20歳で若死した。利実には、長男の利武しか実子がいなかったことから、分家の土井利清の長男[[土井利延]]を[[養子]]に向かえ、3代藩主とした。
唐津藩代2代藩主土井利実の長男として生まれた。
 
彼は、生まれたときから病弱であった。1733年に僅か20歳で
[[category:土井氏|としたけ]]
若死した。
[[category:1714年生|といとしたけ]]
利実には、長男の利武しか実子しか、いなかったため、
[[category:1733年没|といとしたけ]]
養子を迎えた、分家の土井利清の長男土井利延である。
12,018

回編集