「ワリ」の版間の差分

m (robot Modifying: en:Huari Culture)
ワリ期の[[織物]]も海岸地域で複数見つかっており、そこには[[ティワナク]]文化や[[プカラ]]文化と共通する「杖をもった神」の図像が描かれている。描かれるモチーフは同じものが多いが、描かれ方がこれらの文化とは若干異なっている。[[ティワナク]]文化の同じ図像に比べ、ワリ文化の図像は、ティワナクの図像とは異なった様式化がされている(表現に困るが、強いて言えば、漫画っぽくなっているといったよな感じであろうか)。これは土器に描かれている図像も同じである。ワリ期に利用されていた帽子も見つかっており、おそらく権力者が利用さて板物であろうとされているが、その特徴は4つの角を持ち上部が平らな物である。これと似たような帽子は[[ティワナク]]文化でも利用されていたと言われている。
 
また、ワリ文化では、[[黒耀石]]の流通も一部で行われていた。ただし、[[黒耀石]]が珍重された[[メソアメリカ文明]]と異なり、[[アンデス文明]]においては、[[黒耀石]]は、その鋭利さやガラス質の質感や漆黒の色感は珍重されたものの、それでも、他の石材と比較して特別に重要視されていた石材ではなかった。しかし、紀元前の社会から流通があったことは分かっている。
 
ワリ文化では、自らの領域内に、アンデスでは数少ない[[黒耀石]]の産地を数カ所持っていたので、多少は利用されていたようである。例えば、[[アレキーパ]]県にあるAlcaやChivay付近、[[クスコ]]県の山間部では[[黒耀石]]を産出するため、その交易がワリ期に広範囲にわたって行われていたことが分かってきている。[[ティワナク]]遺跡やその周辺遺跡から出土する黒耀石のほとんどが、このワリ文化圏から移入されていたと言われているが、実際の[[ティワナク]]関連遺跡からの出土総数は極めて少なく、石鏃などの一部に利用されているにすぎない。ティワナク文化ではむしろ黒色玄武岩などが珍重され、この石材はプーマをかたどった彫像など特殊な彫像などのために利用されている。ワリ文化では、特にワリ遺跡の中心部などでも、尖頭器(槍先)が出土しており、威信財として用いられていた可能性があるが、正式な調査はなされていない。また、チャートなど在地の石材が主に日常生活の利器には利用されていた。
http://www.cuscoperuhotel.com
 
匿名利用者