「総合的病害虫管理」の版間の差分

編集の要約なし
'''総合的病害虫管理'''('''IPM'''; Integrated Pest Management)は、[[農地]]を取り巻く環境状況と対象種の個体群動態を考慮しつつ、[[生物的防除]]、[[化学的防除]]、[[耕種的防除]]、[[物理的防除]]を矛盾無く組み合わせることで、病害虫の密度を経済被害を生じるレベル以下に抑える管理方法。
 
従来のように、[[農薬]]などにより病害虫を完全に撲滅したり、殺虫剤を漫然と定期散布したりするのではなく、[[天敵]]導入や[[輪作]]など、系統の違う防除法を組み合わせることにより、農薬の使用量を抑えることができるが、関係する調査、効果等の評価の作業比率も大きくなる。
 
しかし、多種の防除法を矛盾無く組み合わせることは難しく、関係する調査、効果の評価等の作業比率が大きくなることや、例えば、生物農薬として天敵を導入した場合、天敵生物を殺傷しない農薬しか使うことができなくいという制約も生じる。施設栽培である場合は、天敵生物が住みやすい環境を維持しやすいが、[[輪作]]が難しくなり[[連作障害]]が発生しやすくなる、といった具合で問題もある。
{{agri-stub}}
 
匿名利用者