「タチアナ・リアブーシンスカ」の版間の差分

修正
m
(修正)
[[Image:Riabouchinska.jpg|right|thumb|220px|タチアナ・リアブーシンスカ、1930年代]]
[[Image:Tatianamariage.jpg|right|thumb|180px|1938年]]
'''タチアナ・ミハイロヴナ・リアブーシンスカ''' [[ロシア語]]:'''{{lang|ru|Татьяна Михайловна Рябушинская}}'''/';[[ラテン文字]]転写の例:''{{lang|la|Tatiana Mikhailovna Riabouchinska}}''', [[1917年]][[5月23日]]<ref>一説には[[1916年]]5月23日または[[5月24日]]</ref> - [[2000年]][[8月24日]])は、[[ロシア]]のバレエダンサーである。なお、ロシア語名は'''タチヤーナ・ミハーイロヴナ・リャブシーンスカヤ'''
 
== 概要 ==
[[モスクワ]]で生まれ、[[マチルダ・クシェシンスカヤ]]に師事した。のち、[[フランス]]で[[バレエ・リュス・ド・モンテカルロ]]に参加し、プリマバレリーナとなった。
 
=== 生涯 ===
[[モスクワ]]で[[ロシア帝国]]の有名な実業一家[[リャブシーンスキイ家]]({{lang|ru|[[:ru:Рябушинские|Рябушинские]]}})に生まれた。父ミハイルは[[銀行]]家、母タチヤーナは[[ボリショイ劇場]]のバレリーナであった。その後、娘タチヤーナもバレリーナを目指すところとなり、[[マチルダ・クシェシンスカヤ]]に師事した。のち、[[フランス]]で[[バレエ・リュス・ド・モンテカルロ]]に参加し、プリマバレリーナとなった。
 
のち[[アメリカ合衆国]]に定住し、バレエ教師となった。彼女に教わった女優には、[[リタ・モレノ]]、[[アン・マーグレット]]、[[ジョーン・ウッドワード]]らがいる。
 
=== 逸話 ===
アメリカの作家[[レイ・ブラッドベリ]]は、彼女をモデルに小説『かくてリアブチンスカは死せり』<ref>参考吉田誠一訳、『[[よろこびの機械]]』蔵。</ref>を書いている。但し、作家がモデルとしているのは彼女の容貌と名前だけである。
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 外部リンク ==
*[http://www.kultura-portal.ru/tree_new/cultpaper/article.jsp?number=134&rubric_id=201&crubric_id=1000149&pub_id=381672 {{lang|ru|Портал Культура: Скончалась балерина Татьяна Рябушинская.}}] {{ru icon}}
 
{{People-stub}}
25,959

回編集