「クイックディスク」の版間の差分

==採用システム==
[[画像:Famicom diskcard.jpg|thumb|right|150px|ファミリーコンピュータディスクカード]]
パソコンでは[[シャープ]] [[MZ-1500]]内蔵ドライブを有し、で搭載された。[[MZ-700]]用、MZ-2000/[[MZ-2200|2200]]用に外部ドライブが発売されたある。[[MSX]]用としては[[ロジテック|Logitec]]、[[カシオ計算機|CASIO]]ブランドで外部ドライブが発売されたある。[[MIDI]]機材では[[ヤマハ]]、[[ローランド]]、[[コルグ]]、[[AKAI professional|AKAI]]の音源ユニット、[[シンセサイザー]]、[[サンプラー]]、[[シーケンサ]]、データファイラに内臓ドライブがある。[[ワードプロセッサ|日本語ワードプロセッサー]]のデータ保存用にでは[[シャープ]]、[[カシオ計算機]]、[[キヤノン]]が採用外部ドライブを発売した。
 
また特殊な採用例として、[[任天堂]] [[ファミリーコンピュータ ディスクシステム]]に、違法コピーを防ぐために部分的に仕様ジャケット形状を変更した上で「ファミリーコンピュータディスクカード」の名称で採用があるしたディスクカードはジャケットの寸法本来他はクイックディスクと内部構造に違いよりもジャケット無かったため、当時は多、シャッターを付けたカードもある。が発売されを防ぐめジャケット面に商標エンボスキーを施してある
 
よく似た用途、構造の製品に[[シャープ]][[ポケットコンピュータ]]シリーズ用の2.5インチポケットディスクがあるが互換性はない。
 
[[Category:磁気ディスク|くいつくていすく]]
匿名利用者