「生活型 (水生生物)」の版間の差分

編集の要約なし
(Undo revision 14976841 by 榛村竜 (会話))
以下のようなものが区分される場合がある。
*エピニューストン(水表上生物):水面の上に乗って生活するもの。ほとんど[[アメンボ]]のみ。
*プリューストン(挺水生物):水面を境に、一部を水上に出している生物。クラゲの一種である[[カツオノエボシ]]などは浮袋を水面から上に出すのでこれにあたるが、プランクトン的なのでプランクトプリューストンということもある。空中から時折水中に口を差し込む海鳥や、水面下にいて、たまに水面から飛び上がる[[トビウオ]]もここに含める場合がある。
 正し、一生涯このような状態で生息している生物を指す言葉であるため、ここに海鳥やトビウオが含まれるという考え方は誤りである。
*ハイポニューストン(水表下生物):水面の直下に位置して生活するもの。泡で巣を作る[[アサガオガイ]]や、[[ホンダワラ]]類の[[流れ藻]]になったもの、あるいはそれらの周辺や、その表面に生活するものもこれに含める。
 
匿名利用者