「対砲兵レーダー」の版間の差分

「機動と火力の連接」という角度から見た場合、単に損害の軽減のために火砲に機動力が付与されるとする論には偏りがあると思われるため削除した。
(「機動と火力の連接」という角度から見た場合、単に損害の軽減のために火砲に機動力が付与されるとする論には偏りがあると思われるため削除した。)
'''対砲兵レーダー'''は、飛翔する[[砲弾]]の[[弾道]]を捉えるための[[レーダー]]装置。
 
レーダー装置で弾道を解析することにより、砲弾の発射地点を特定し、素早い反撃が可能となる。[[大砲|砲]]の側からみれば、定点に長時間留まって砲撃を行うことは敵の反撃を受ける危険が大きいため、数発の発射ごとに場所を移動する必要がある。砲の自走化は移動の利便性よりも反撃による被害を少なくするための手段である。
 
==関連項目==
匿名利用者