「鷺澤美咲」の版間の差分

=== D.C. ===
幼い頃、厳格な父親によって、当時遊んでいた友達から悪い影響を受ける恐れがあるから外出を控えるようにと言われて以来、外出を控えるようになり、外出する場合も家の誰かが付いてくるために、一人で外出する事に恐怖を覚えていた。窓から外を眺めているうちに通学する純一と音夢の姿を目で追うようになるうちに純一に恋心を抱くようになる。しかし彼女は鷺澤美咲として純一にぶつかるのでさえ恐怖を抱いていた。そして「あの人の気持ちを私の方へ招いて」という美咲の願いを聞いていた頼子が桜の魔法によって、身体を人間へと変化させた。そして頼子の身体の中に美咲の意識が入る事で、「鷺澤頼子」として純一と接触し、メイドとして朝倉家に住む事になる。[[ネコミミ]]をはやしていたのは猫である頼子の身体を人間に変化させたため。またこの間、美咲自身は意識不明の状態にあり、水越総合病院に入院していた。お嬢様と言うこともあり、家事全般はしたことがなく、最初は失敗ばかりであったが、純一から教えられたり、料理は本を見て学んだことで、一通りの家事はこなせるようになった。また幼少時、純一の祖母と面識があったらしい。杉並は「サギー」と妙な愛称で頼子のことを呼び、初音島の神秘を楽しんでいる。
隠しキャラクターという扱いなので、他のヒロイン達(さくら除く)は持っている音楽に関連する要素<ref>鈴、歌、オルゴール、木琴、フルート。さくらには当初ハーモニカを持っているという設定が用意されたが、カットされた。</ref>がない、風見学園の生徒ではないなどの例外点がある。『公式ビジュアルファンブック』の原画紹介では「その他のキャラクター」として杉並や白川暦と共に紹介されている。また、同じ本の背表紙には美咲(頼子)の姿のみが描かれていない。
 
=== D.C.W.S./S.V./F.S. ===
505

回編集