「パスワード (コンピュータゲーム)」の版間の差分

→‎ゲーム継続以外の目的を持つパスワード: 救助パス、復活パスについて
(目的、ゲーム継続以外の目的を持つパスワード)
(→‎ゲーム継続以外の目的を持つパスワード: 救助パス、復活パスについて)
また、スコアやタイムアタック等の全国ランキングが行われる場合、パスワードを介して記録が集計されることもある。もちろん実際には出ていない数値で不正に応募することを防ぐためである(→[[ウソスコア]])。
 
さらに異なるケースとして『[[風来のシレン|風来のシレン(GB2以降)]]』『[[ポケモン不思議のダンジョン#ともだちきゅうじょ|ポケモン不思議のダンジョン]]』では、ゲームオーバー時に「救助パスワードが表示される。これを他のプレイヤーが入力すれば「救助」に向かうことが出来、成功すれば「復活パスワード」が表示され、救助パスワードを出力したプレイデータにそれを入力することでゲームオーバーが無効になるというシステムっている。パスワードという性質を活かし、ゲーム自体とは無関係なインターネット掲示板やメールを利用してこシステムを活用る。
パスワードという性質を活かし、ゲーム自体とは無関係なインターネット掲示板やメールを利用してこのシステムを活用できる。
 
以上のパスワードはいずれもプレイヤーのもたらした結果を文字列に置き換えたものであるが、ゲームの制作者側で予め設定され、特定の状況下で入力すべき文字列もパスワードと呼ぶ。この場合は本来のセキュリティ目的の[[パスワード]]に近い。ゲーム中特定の場所で入力すると貴重なアイテムやキャラが得られたり、隠された要素が現れる(アンロックされる)例があり、用途としては[[隠しコマンド]]に近いと言える。これらは雑誌や周辺商品と連動して展開されるゲームや[[アーケードゲーム]]によく見られる。例えば『[[遊☆戯☆王デュエルモンスターズ (コンピューターゲーム)|遊☆戯☆王デュエルモンスターズ]]』シリーズでは、実際に発売されているカードに書かれている数字をパスワードとして入力すると、ゲーム内でそのカードを入手できる。
1,442

回編集