「総合的病害虫管理」の版間の差分

編集の要約なし
'''総合的病害虫管理'''('''IPM'''; Integrated Pest Management)とは、病[[害虫]]の防除に関し、利用可能なすべての防除技術を利用し、経済性を考慮しつつ、適切な手段を総合的に講じる防除手法のことである([[農林水産省]]による定義を要約)
 
従来のように、[[農薬]]により病害虫を完全に撲滅したり、漫然と薬剤を定期散布したりするのではなく、[[農地]]を取り巻く環境状況と対象種の個体群動態を考慮しつつ、[[生物的防除]]、[[化学的防除]]、[[耕種的防除]]、[[物理的防除]]等を矛盾無く組み合わせることで、病害虫の密度を経済被害を生じるレベル以下に抑えようとするものである。
182

回編集