「後藤田正純」の版間の差分

m
* 2007年自民党総裁選挙で[[麻生太郎]]が予想外の善戦をしたことは認めたが、その原因は「麻生太郎のパフォーマンス」であると分析をし、党員の意見を聞いてから麻生支持に変更した議員に対しては「議院内閣制を理解していない」と発言し、総裁選当日に麻生太郎の応援をするため自民党本部前に集まった支持者に対しては「[[オタク]]系が騒いでいた」「小泉・安倍に対して熱狂して失敗をしたのに、(麻生太郎に)また熱狂をするのはいかがなものか」と評した上で「麻生人気はメッキがすぐに剥がれるだろう」と結論付けた。また、麻生支持をした一年生議員を「政策理念や政治責任論というものを全く考えていない」と批判した上で、自らについては「福田さんに投票した私は、政治玄人である」と自賛した。
*2007年9月28日、初当選以来所属していた[[平成研究会]](津島派)に突如退会届を提出、無派閥となった。上記のように谷垣の熱烈な支持者であることを公言するなど、派内では異端の存在であったが、今後は既存派閥への再入会はせず、純粋無派閥として活動するとしている。
* [[朝鮮民主主義人民共和国]]への経済制裁に反対している自由民主党の数少ない国会議員の1人で、日本人[[拉致問題]]や核開発問題解決のめどが立たない中、このような国民の声を無視したかのような姿勢を見せることに批判の声が多い。ただし、[[救う会]]が[[郵政選挙]]の際に行ったアンケートでは反対とは明言せず、遠まわしの反対主張をしている。
* [[勝谷誠彦]]が[[大韓民国|韓国大使館]]からの執拗な抗議で[[テレビ朝日]]の番組を次々に降板させられた事件に関して、韓国大使館の背後で後藤田正純がテレビ朝日に政治的圧力をかけていたことを「[[たかじんのそこまで言って委員会]]」([[讀賣テレビ放送|ytv]])で告白した(OA上はP音で伏せられていた)。
* [[日中友好議連]]のメンバーであることからも[[中国]]への外交的配慮が際立っている{{要出典}}。[[石原慎太郎]]・[[東京都知事]]が何度も訪台していることに対しても批判的な発言をしている。[[台湾]]の独立にも反対している。